韓国版『原理講論・再臨論』批判



これはN氏の書いた論文ですが、一読に価するでしょう。


韓国版『原理講論・再臨論』批判

★「日本は神側に立てられた摂理的国家であった」



1)日本は神の復帰摂理に於いて神側に立っていた。

 日本は、ダビデのように日清、日露戦争に奇跡の勝利をなし、神側に立って腐敗、堕落した李王朝末期の朝鮮を「40年サタン分立」=日韓併合時代」にて、多大な国家的な犠牲を払ってODAの様な投資を行い、摂理的「再臨主の公生涯の基台国家」=「朝鮮の近代化」の為に尽力した。大局では善行を成した神側の国家であった。

 日本が「神側の善のエバ国家」に選ばれた理由は、まさしく「日韓併合と40年統治」の条件勝利あってのことでありましょう。



2)日本の日清&日露戦争勝利でゴリアテ国家=後の中国&ソ連の「共産党独裁支配から朝鮮を守った」のであります。共産党国家は決定的なゴリアテサイドの国であります。

 日本は神側でありダビデサイドに立たされた善の表示体国家であり、善の立場と近代化に貢献した、偉大な<ODA国家>であった。

 韓国版『原理講論』は「反🈩の観点から偏向して書かれている。神の愛の善なる救援摂理的な観点が不在であり、日本邪悪国家、サタン側国家と真逆の表現がなされています。



3)日本に感謝&神様に感謝!

 日韓併合と「40年のサタン分立・朝鮮併合時代」は、大局に置いて、「朝鮮の分別と聖別と再臨国家・近代国家・朝鮮への道」の準備であり、「神様の最高・至高&最大の朝鮮民族への愛の摂理時代」であったのだ。

日韓併合と「40年統治」こそが、日本が神側のエバ国家に選ばれた根拠であり、条件であり、証でありましょう。

韓国版・『原理講論』再臨論と、大きな違いがあります。韓国版は「日本・悪しき国」という反🈩的な、真逆の視点で書かれている点が問題であり、「書き換えなければ、韓国・朝鮮民族を「恩讐を愛する民族&国家」に転換、復帰することができないでしょう。



★備考:

 再臨主運動の中核ミッション=「親日国家・韓国創建」&「日韓一体化」が「世界平和国家連合への道」でしょう。キリスト教の教えの中核は「恩讐を愛する」というイエスの十字架を通して開示、顕現された、神の愛、真の父母の愛の教えでありましょう。

 アボジは再臨のメシアとして韓国を親日国家に新生復活し、韓国を神の愛によって「恩讐を愛する勝利の証=親日国家・韓国創建」という「勝利的な証し」&「日韓一体化」によって、「世界平和国家連合」=「人類一大家族」=「ワンファミリー・アンダー・ゴッド」の「神の天地創造&人間創造の・夢・ドリームの突破口を切開く使命」があったのでしょう。



 その為に「怨・恨・反日」で固まって、意固地?になり、卑屈?になっている「韓国&朝鮮民族の「反日DNA国是の解消」&日本を愛し日本に感謝&日本と一体化」することで現状の朝鮮民族の「怨日のDNA」・「反🈩国是の国家から親日国家への国家的血統転換」、新生復活の韓国となして「日本に感謝!神に感謝! であります。



 親日国家=新生韓国・朝鮮創建」「国家的新生=血統転換・新生国家創建」のために、朝鮮半島に降誕されたのでありました。



 不思議な「恨・反日・怨日国家」の民族を選び、反🈩国家・韓国→親日国家・韓国へと国家的再創造・「国家血統転換=新生国家」に、再創造するのが「再臨のメシアのミッション」の中心・核心でありました。



 しかし1993年に「安重根記念館」を旅順に開設したことなどは、反🈩の擁護・テロリスト擁護でありアボジの失敗?・間違いであったのだと思ってしまいます。このことなども、韓国版『原理講論』再臨論の反日的な内容と無関係ではないでしょう。摂理的矛盾&誤解と偏向を暗示している表れでしょう。反日史観を正当化しているからでしょう。問題であります。



 再臨論は「韓国の・怨日・反日」を克服するために書かれていなければ、ならないのであります。『韓国版・原理講論』再臨論は日本への感謝&復帰の神様の愛への感謝ではなく、日本は「サタン側&悪しき加害者国家」との論調で書かれていて、日韓分断、日本糾弾のDNAを正当化&加重して「日本を愛する、日本に感謝&神に感謝」を教え=「神の摂理に感謝」を教えていないと言えましょう。



 韓国版『原理講論』・再臨論の、真逆の間違い?が、UC運動を混乱させてきた諸悪の根源だと私は考えています。真の父母である神の至高の愛の観点から正しく「再臨論を、いつの日にか、できるだけ早く書き換えるべきである」と私は思っています。



 日本は間違いなく、神側サイドの国であったのであり、再臨運動の核心は「親日国家・韓国創建」と「日韓一体化」にあったのでしょう。しかし、このような韓国版『原理講論』再臨論からは、再臨運動の中心の課題である「恩讐日本をも愛する韓国建国」は、解決困難であり、事実、結果的に、韓国&朝鮮民族はUC運動でも全く「恩讐をも愛する民族になれず、昨今も「反🈩感情」、「怨日感情」に,霊的にも魂を完全に奪われています。



★「南も北も狂気に満ちた状況が継続している」と言う。(朝鮮日報・コラム:2017・2・04)、(『SAPIO』:2017:4月号・引用、解説)



「韓国併合と40年日本統治」によって、中国共産党、ソ連共産党の従属国家にならずに済んだことは理性的に考えれば、だれでも理解できるでしょう。日清、日露の戦いはまさしく☆日本=ダビデと・・☆ゴリアテ=清国、露国の様な戦いであった。

 万が一にも日本が敗北していたならば、韓国・朝鮮に再臨のメシアを降誕させて、神の復帰節理を推進する道が阻まれていたことでしょう。

明治維新直後の日本であり、当時日本の勝利を得ることはまさしく奇跡に近いものであった。ダビデ=日本に神がともに戦ってくれたおかげでの勝利であった。

 『日韓併合の真実』伽耶大学教授:崔基ボ著、『朝鮮紀行』イザベラ・バード著、・・などに見られるように、李氏朝鮮末期の朝鮮は、日本の併合時代を経過せず、もしもそのまま両班ヤンバン支配の、李氏朝鮮が継続していたならば、悲劇であり、中国又はソ連の属国になっていたことでしょう。



補記:
 改めまして石原慎太郎氏と朴正煕大統領(当時)の対話です。

月刊正論2003年1月号【産経新聞70周年記念講演】
日本よ、自ら信じ自ら運命を切り開け(作家・東京都知事 石原慎太郎)



・・・・・ その判断(日韓併合)を、ある意味で冷静に評価したのは韓国の大統領だった朴正煕さんだ。私も何度かお目にかかった。

あるとき、向こうの閣僚とお酒を飲んでいて、みんな日本語がうまい連中で、日本への不満もあるからいろいろ言い出した。

朴さんは雰囲気が険悪になりかけたころ「まあまあ」と座を制して、「しかしあのとき、われわれは自分たちで選択したんだ。日本が侵略したんじゃない。私たちの先祖が選択した。

もし清国を選んでいたら、清はすぐ滅びて、もっと大きな混乱が朝鮮半島に起こったろう。もしロシアを選んでいたら、ロシアはそのあと倒れて半島全体が共産主義国家になっていた。

そしたら北も南も完全に共産化された半島になっていた。日本を選んだということは、ベストとはいわないけど、仕方なしに選ばざるを得なかったならば、セコンド・ベストとして私は評価もしている」(拍手)。

 いや、こんなところで拍手しなくていい。

 朴さんが、「石原さん、大事なのは教育だ。このことに限ってみても、日本人は非常に冷静に、本国でやってるのと同じ教育をこの朝鮮でもやった。これは多とすべきだ。私がそのいい例ですよ」と言う。

「私は貧農の息子で、学校に行きたいなと思っても行けなかった。日本人がやってきて義務教育の制度を敷いて子供を学校に送らない親は処罰するといった。

日本人にしかられるからというんで学校に行けた。その後、師範学校、軍官学校に進み、そこの日本人教官が、お前よくできるな。日本の市谷の士官学校に推薦するから行けといって入学。首席で卒業し、言葉も完璧でなかったかもしれないが、生徒を代表して答辞を読んだ。

私はこのことを非常に多とする。相対的に白人がやった植民地支配に比べて日本は教育ひとつとってみても、かなり公平な、水準の高い政策をやったと思う」・・・・・

(平成14年11月5日大阪・サンケイホール、同6日東京・新高輪プリンスホテル)



なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

芳岡元ブロック長の徳野会長の対策講話に対する反論とそれに対する師観の感想




もうすでにいくつかのブログで紹介されているようですが、つい最近、フィリピンのH1イベントに参加して首になった元CARPブロック長の芳岡さんの反論です。一読に価するので、ここでも紹介し、最後に師観のコメントを付けておきました。



徳野会長の対策講話に対する反論 2017年3月25日 
元CARP北日本ブロック長 芳岡隼介

2017年2月28日から3月3日、私は顯進様のマニラでの大会に参加しました。そして3月5日にマニラ空港から、今まで共に歩んできたCARPのリーダー達へ一通目の手紙を送信しました。

また、帰国後にはCARP会長、事務局長との面談をし、それを踏まえて3月8日には二通目の手紙を送信しました。

それらの手紙の内容に関しては、すでに多くの方々がブログに掲載されているため、ネット上で読むことができます。

私が手紙を通して発表した声明に対して、3月9日に日本家庭連合の会長である徳野英治会長が全国のCARPリーダー、あるいはメンバーに向けて、対策のための講話をされました。

そしてその講話を編集した映像を全国の教会に流し3月19日の礼拝時間に視聴するようにという指示が出たようです。私もその映像を観ました。

本来、CARPは家庭連合とは別組織であるはずですが、日本家庭連合のトップである徳野会長が一人の若造に過ぎない私への対策のために、わざわざCARPに向けてこのような講話をし、映像まで作って全国の教会に流すというのは、私にとって意外なことでした。

しかしこのことは、いかに日本家庭連合本部が、私が手紙の中で指摘した問題に関して自信がないのか、そして慌てているのか、ということを改めて感じさせてくれる出来事でした。

私は徳野会長が対策映像を作ったことは、天が与えてくださった機会だと感じています。

なぜならこのことによって、この問題に関心を持ってくださる食口の方々が増え、摂理的長子である顯進様があらゆる嘘と謀略によってお父様との関係を引き裂かれてしまったということを理解していただく機会となるからです。

心から感謝しつつ、徳野会長の対策講話への反論を述べたいと思います。

今回はまず、お母様の「独生女」発言とそれに関連するお父様のみ言を中心に反論したいと思います。


一、徳野会長はお母様の「独生女」論と「クリスマス発言」に一言も触れていない。

さて、徳野会長の映像をご覧になった方は気づいておられるかも知れませんが、私の問題提起の中心ポイントがお母様の「独生女」発言であったにも関わらず、徳野会長は約90分にもわたる映像の中で、ただの一度も「独生女」という言葉を使っておられません。

昨年12月25日と30日に、お母様はそれまで徐々に明らかにされてきた「独生女」発言の本当の意味を語られました(以下、「クリスマス発言」)。

それは「私は生まれた時から原罪がない。お父様には兄弟がいる。お父様に原罪がなければお父様の兄弟たちも原罪がないではないのか?私には兄弟がいない。また、お父様には私生活がある。私にはそれがない。きれいだ」というものです。

つまりこれは、「お母様は原罪なし、お父様は原罪あり」そして「お父様の、第一、第二のお母様との関係は私生活(堕落行為)であった」という意味になります。

このお母様の「クリスマス発言」が確実なものである根拠は、

第一に昨年12月にお母様を離れてサンクチュアリ教会に行った姜ヒョンシル先生が、最近お母様が「クリスマス発言」と同じ内容を頻繁に語られるようになったことがお母様を離れた原因だ、とお話されていることです。

第二には金ジンチュン講師が今年の2月に行われた孝情学術苑国際学術会議で発表した論文が、「クリスマス発言」と瓜二つであり、明らかにお母様の「クリスマス発言」を正統化しようとする内容であったことです。

講話の初めに、徳野会長は「お父様とお母様を分離して考えること自体が、非原理的であり、原理のイロハに反する。原理のABCがわかっていない。」と語られ、真のお父様と真のお母様が一体であるということは、私達の信仰の根幹であって、それを疑うことはナンセンスだ(つまり、考えるな)ということを重ねて強調されています。

しかし、お母様がお父様と一つになられていない、ということが、他でもないお父様のみ言であるとすれば、どうでしょうか?徳野会長はお父様に対してすらも、「原理のイロハがわかっていない」と仰るのでしょうか?

私は手紙の中でお父様の三つのみ言を引用しましたが、徳野会長はそのうち一つについてだけ反論をされました。それが以下のみ言です。

l お父様は、お母様に対して、第二のみ言を語ってはならないと教育された。

「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。

今、先生を中心として、お母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、 お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。

 今、お母様が行く道は、お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の御言を述べるのを許しません。今度、韓国においても、御言絶対主義をとることができるように措置したのです。どのような御言も、第二の御言を許しません!」

(1994年12月24日の御言)



このみ言に対する徳野会長の解釈は、「お父様が語られている通り、お父様が霊界に行かれた今、お母様を中心として一つにならなければならない」です。

これは上のみ言の後半部分を無視した解釈だと思います。徳野会長はメンバーたちの前で、上のみ言を前半部分しか読み上げませんでした。

私の理解は後半部分を踏まえ、「お父様はお母様を中心に一つになれと仰っているが、その際お母様に対して、お父様の説教集を中心として、他の第二のみ言を語ってはいけないと仰っているので、原理と相容れない『独生女』論を語られるお母様を中心に一つになってはいけない」です。

皆さんは客観的に、どちらがより正しい理解だと思われるでしょうか?

また、徳野会長は残りの二つのみ言に対しては反論されず、「お父様のみ言は引用する人の動機と目的によって、どのようにでも利用できる」という一言で片づけてしまわれました。せっかくですから、それらも改めて紹介しておきます。

l お父様は、お母様がお父様の血統を疑っていることを、真の父母の分裂であり、 越えるべき試練(38度線)として指摘された。

「お母様にも話して見ろと言うのです、むやみに暮らすかと。お母様も38度線を越えなければなりません。あなたはあなたが行くべき道があり、私は私なりに行くべき道があるといって行ってみろというのです。

分裂しました。1パーセント、0.数パーセントの差があっても分裂するのです。天国の門に一緒に入らなければなりません。…

(中略)…

『先生は堕落の血統を相続したか、きれいな血統を相続したのか』と聞くのです。皆さんはそのように言う自信がありますか。

…(中略)…

原理の解釈も出来ない人が何、先生が純潔か、何とか潔かと。私がそれを知っているのでこの場に出てこないようにしました。そこに行かないようにしました。醜いことを知っているので、なに、先生の血統が何、どうだと?堕落前に血統を汚したか?」

(み言葉選集第608集303ページ、2009年2月28日)



l お父様は、聖和される50日ほど前に、お母様が自分勝手にやって、真の母が不在であると語られた。

「オモニを私が育ててきたよ。オモニはいません。文総裁の妻の位置もいません。自分勝手にやっている!!自分勝手に。ん。」

(アベル女性UN創設大会2012年7月16日)



このように、お父様のみ言を見れば、お母様がお父様の血統を疑っておられることを危険視され、さらに真の母の不在まで言及されているにも関わらず、徳野会長は「独生女」論と「クリスマス発言」に対する言及は徹底的に避けつつ、「お父様とお母様を分離して考えること自体が、非原理的であり、原理のイロハに反する。原理のABCがわかっていない。」と語っています。



二、徳野会長は私のイメージを下げるために、明らかな嘘を語っている。

更に徳野会長は、私のイメージを下げる為に、一つの明らかな嘘を語られています。

徳野会長は私の声明に関して次のように語っています。

「半分は彼が書いている、あとの半分は既に彼の手を離れています。彼がすぐに入手できるようなみ言の教材、情報源ではない情報源がちゃんと書いてあります。しかもそれはUCIがいつも言っている内容と同じ内容です。つまり、UCIサイドが自分たちの考えを正当化するために使うみ言の根拠、それがそのまま出ています。」



私の声明は100%私の手によって書いたものであり、徳野会長のこの言葉は明らかな嘘です。私が引用した程度のみ言は今や、インターネットで誰でも調べることができるものです。

CARPの本山会長は、過去に私が作った何本もの意見書を読まれましたので、私がこういう文章を何度も書いてきたことをご存じです。

また、私が顯進様サイドの情報だけを聴いているというのも嘘です。私は松濤本部に四回も質問文を提出し、三回目までは回答をいただきましたので、家庭連合サイドの意見もしっかり聞いています。

しかしその回答に全く説得力がなかったということなのです。そして四回目の回答は「答えられない」ということだったのですから、説得力があるはずがありません。

徳野会長も私が質問文をしつこく送ってきたことをよくご存じだったので、以前から私をブロック長から早く降ろすようにと、本山会長に仰っていたのではありませんか?

そういうことを良くご存じであるにも関わらず、徳野会長は私のイメージを下げるために、あたかも私が一方だけの話を聞き、偏った情報のみに主管されたり、誰かの言いなりになっていたりするかのような言い方をされています。

さらに、私が「郭炳憲教会長の影響を受けた」と語っていますが、これも大袈裟です。

私はマニラに行くまでネット上の郭炳憲教会長の声明文を読んだというだけで、電話で話したことも、メールをやり取りしたこともありませんでしたし、どなたなのかも知りませんでした。マニラでお会いし、実は過去に拝見したことのあるお顔だったことがわかったという関係性でしかありませんでした。

しいて言えば、私が最も影響を受けたのは、お父様のお母様に関するみ言、映像を通して観た顯進様の涙の祈祷と活動内容です。

また、松濤本部が「独生女」論に対する質問に答えられない姿、そしてお母様の「クリスマス発言」による影響で、マニラに行かなければならないと決断したのです。

徳野会長は今回、私が何かに洗脳されているかのようなイメージを広めるために、このようにすぐにバレる嘘をなりふり構わず映像にしてしまうというミスを犯してしまわれました。



三、み言より実体が優先であるという主張は詭弁である。

徳野会長は「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」の出発時にお父様が語られた内容に関して、「その時にお父様が何とおっしゃったかというと、実体がみ言に優先する、実体がみ言に優先する、真の父母という実体が、ある意味においてはみ言以上に大事だということなんです。」と語っています。

本然のアダムとエバにおいて完成した実体が先にあり、そこからみ言が出てくるという話ならばその通りだと思いますが、徳野会長はこのみ言をご自分の主張を通すために都合よく利用されています。

つまり、徳野会長によれば、お母様という実体がみ言よりも優先であるため、芳岡が引用するみ言の中で、お父様がお母様をどのように言われていようが、あるいはお母様がお父様のみ言と違うように思える「独生女」の話をされようが、お父様は原罪があったと話されようが、結局はみ言よりも実体が優先なので、お母様を疑う必要はない、という風に曲解されています。これは完全なる誤魔化しです。

徳野会長は、「真の子女様にも5%の責任分担があります」と語られますが、お母様にも神様から期待される真の母としての5%の責任分担があるはずです。その責任分担の内容を、お父様はお母様に向けてみ言を通して示されています。

ですから、真の母の立場にあるというだけで、お父様の「第二の御言を許しません」というみ言を無視して、「クリスマス発言」のようなことまでも語られてしまっては、お母様は神様が期待される真の母としての責任分担を果たせない立場に陥ってしまわれます。この点を徳野会長は誤魔化しておられるのです。

ちなみに「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」の講演文の中で、家庭連合がよく引用する部分があります。



「皆様!2010 年 天暦5 月8 日 午前2 時20 分と5 月15 日午前3 時25 分、このように両日にかけてアメリカのラスベガスにおいて神様を中心とした天地人真の父母様の特別宣布が行われました。…(中略)…すでに真の父母様御夫妻は最終一体をなして、完成、完結、完了の基準で、全体、全般、全権、全能の時代を奉献宣布されたのです。」



ここでお父様が「真の父母様御夫妻は最終一体をなして」と語られているので、家庭連合はいつも、お母様はお父様と一体であり、それを疑う必要はないと主張してきました。

しかし実はこのみ言は、家庭連合の主張とは反対に、お父様とお母様がその時点では一つになられていないことをお父様が明らかにされたものだったのです。

大会の講演文で語られた上の内容を、お父様が訓読会の場で解説されたのが以下のみ言です。



「天暦2010年5月15日、その日が重要です。それがお母さんとお父さんが最後に宣言した秘密文書です。これは昼夜の神様も知らないものです。

天暦2010年5月15日午前3時25分とは何なのか。その時の出来事を中心に、その後の方針を密かにお母さんと約束しました。間違いなく、お母さんがお父さんと一体となって歩むと約束した時間です。

それまでは、お母さんがお父さんと一つになって行くという話をしませんでした。神様と世界に公布できませんでした。それを公布した時間が、天暦2010年5月15日午前3時25分でした。この3時25分が重要です。」

(『統一世界』2010.6,Vol.473.10頁.2010.7.1.)



このように、講演文にも出てくる「天歴2010年5月15日午前3時25分」に、それまでお父様と一つになると仰らなかったお母様が、これからは一つになると「約束した」ということです。

その約束ゆえに「最終一体」を宣布できたのであって、約束が果たされるまで本当の意味で一体とは言えないということです。

それで、その約束(お母様がお父様と一つになる)はその後、その通りに果たされなければなりませんが、残念ながら、2012年7月16日、お父様の地上における最後の大会となったアベル女性UN創設大会でのお父様のみ言が以下なのです。



「オモニを私が育ててきたよ。オモニはいません。文総裁の妻の位置もいません。自分勝手にやっている!!自分勝手に。ん。」

(アベル女性UN創設大会2012年7月16日)



もしもお母様はすでにすべてを勝利されお父様と完全に一体となられているのであれば、お父様が聖和の50日前に、真の母の不在を語られるのでしょうか?



四、結論

私は徳野会長の対策講話映像を観て、かえって一つの思いを強くしました。それは、徳野会長はお母様の「クリスマス発言」を通して、今まで家庭連合本部が主張してきた「お父様とお母様は一体である」ということに対して、確信が無くなってきている、ということです。


・「独生女」と「クリスマス発言」についてただの一言も言及しない。

・「第二の御言を許しません!」というみ言を分かりやすく無視している。

・反論できないみ言については、「み言は引用する人の動機と目的によってどのようにでも利用できる」「み言より実体が優先である」と無効化しようとする。

・私に対するイメージを下げるために、なりふり構わず明らかな嘘を語っている。


という部分にそのことがよく表れています。



もしも徳野会長が本当に、お母様はお父様と完全に一体であられ、すべての責任を果たした実体でいらっしゃるので、お父様のどんなみ言よりも、お母様の実体を優先すべきだと確信をもっておられるのならば、お母様の「独生女」のお話、そして「クリスマス発言」こそ、「これこそがお母様の最新のみ言です。新しい真理です。」とすべての食口に向けて教育すべきであり、私への対策講話もそのことが中心になるべきです。

徳野会長もお父様のみ言よりも実体のお母様を優先し、「お父様には原罪がありました」と堂々と語るべきなのではないでしょうか?



徳野会長は対策講話の中で、

真のお父様と顯進様との関係性に問題があり、顯進様が真のお父様に対して不従順であったということを語られました。

しかし問題は真のお父様と顯進様の関係性にあったのではありません。

本当の問題の核心は真のお父様と真のお母様の関係性にあったのであり、そのことが「クリスマス発言」(お父様の血統を否定)を通して明らかになったのです。

『原理講論』にはモーセ路程の教訓として、「大きな使命を担う人物であればあるほど、彼を試みる試練もまた、それに比例して大きい」とあります。

小さな私達が、その小さな使命を果たすことも難しいことですが、偉大なお母様が、その大きな使命を果たすことも、同様に難しいことであるはずです。

お母様だから試練が無いわけでもなく、お母様だから無条件に勝利されるわけでもありません。まして、真の母の立場は度重なる失敗による蕩減が加重されているのです。私達は、お母様の背負われている荷物がどれ程重いものなのかを、真剣に考えて差し上げなければなりません。

徳野会長は、日本の食口全体を代表してお母様に侍る立場にいらっしゃいます。お母様が試練に遭われ、「独生女」論を語られながら、お父様の血統を否定し、真の母としての責任分担を果たせない立場に陥ってしまわれる前に、どうかお母様に本当の孝の心情で侍っていただきたいのです。

お母様の「クリスマス発言」を通して、本当はもう、分かっていらっしゃるはずです。

また、真の父母様と真の家庭を愛する食口の方々、お一人お一人に、このような機会を通じて深く祈り、考えていただければ幸いです。

以上芳岡さんの反論終わり


これに対する師観のコメント:

本部はTMのクリスマス発言を知らないわけではないのです。実際は困っているわけです。

しかし、家庭連合の社長はTMなので、しかも雇われ社長のような理事会で首に出来るような社長でなく、オ-ナ社長のように絶対的権限を持った社長なのです。

したがって、本音ではTMの発言で大変迷惑しているが、TMに従わざるを得ない立場があるのです。

だからといって、真理・真実・原理に従って、生きて行こうとする信徒を弾圧してはいけないのです。まして、除名などは言語道断です。

また、H1やH2のイベント神山氏の聖和100日記念日に行ってはいけないなどとお触書を出してはいけないのです。

真理・真実・原理に命がけで献身し、それにしたがって、本音で生きる立場の人達の方が強く、本音では知っていながら建前で
教会政治に従っている方が弱い立場なのです。だから、公開討論が出来ないのです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

個人的に本人に家庭連合が置かれている立場を話し、理解してもらう以外にないでしょう。

それでもそれらの大会や行事に参加したい人を禁止してはいけないのです。それをやれば騒ぎが大きくなるだけなのです。

参加したい人には隠密に行ってもらうとか、帰って来ても家庭連合の崩壊を導くような影響を与えないとか、大人の話し合いと
同意が必要なのです。桜井夫人がH1のイベントに行ったからといって家庭連合を辞めた訳ではないのです。

しかし、家庭連合が子供のような対応しかあえてできないとしたら、天は家庭連合の崩壊を早めるために、そのようにしているのかも知れない。



今の家庭連合が、H1やH2のイベントに行ってはいけないというお触れを出すのではなく、もっと「クリスマス発言」などに正面から向き合うべきではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

再臨論の中の疑問



多くの兄弟姉妹は日韓併合時に日本が韓国に対してとてもひどいことをしたととらえていると思います。

しかし、当時の李王朝が崩壊し日本によって、民主化政策がとられ、キリスト教の宣教が出来るようになり、拡大がなされたために、朝鮮半島は神側の国家として立つことが出来たと見たほうが論理的整合性があります。

事実、文先生は日本が李氏王朝を日本の統制下に主管していなかったなら、メシア(王)である文師は殺されていたであろうと言っていたという。


原理講論の再臨論:

「この国は蕩減復帰の民族的な基台を立てなければならない。韓国がメシアを迎え得る国となるためには、原理的に見て、天宙的なカナン復帰のための「40日サタン分立の民族的な基台」を立てなければならないのである。」

中略

「これがすなわち、日本帝国に属国とされ、迫害を受けた40日期間であったのである。」(P587)


とあるのですが、「韓国がメシアを迎え得る国となるために」日本の朝鮮併合期間を持ち出すのは、時代的に大きくずれており、再臨論の定義に反します。

再臨主を迎えるために必要な40年間の「サタン分立の民族的基台」が、講論に記述されているように「1905年の乙巳保護条約以後1945年解放される時まで40年間」としても、なぜ、「メシアを迎える国となるために」必要な条件期間が、文先生の誕生(1920年)後25年間(1945年)までも含まれるのでしょうか?

文先生は1905年の乙巳保護条約の15年後に誕生したのであって、40年後ではありません。誰が見てもこじつけに見えるでしょう。

更に疑問なのは、1945年の文先生が25歳の時には、金百文が失敗し、翌年9月18日には許孝琳も失敗したため、1948年年5月20日に興南強制労働所に収監されてしまったということです。

1945年は、韓国キリスト教が失敗したことが原理的に決定された年であって、再臨主を迎えるためのサタン分立のための40年間として当てはめることは出来ません。

サタン分立の民族的基台は、再臨主が誕生される1920年までの40年期間でなければならないはずです。この間違いは明らかに韓国の反日史観に無理やり当てはめようとした結果でしょう。

ところで、仮に1905年乙巳保護条約から1920年文先生の誕生までの15年間をサタン分立40年間に匹敵する期間と見なしたなら、この15年間は貴重なサタン分立期間であったことになります。

それは李氏王朝のサタン側の国に当てはまる条件を取り除いた期間であり、そのことをなしたのは、他でもない「日本」だったのです。

日本によって、民主化政策がとられ、キリスト教の宣教が出来るようになり、拡大がなされたために、朝鮮半島は神側の国家として立つことが出来たと見たほうが論理的整合性があります。

事実、文先生は日本が李氏王朝を日本の統制下に主管していなかったなら、メシア(王)である文師は殺されていたであろうと言っていたという。




なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!


原罪について(人類の救済の為にどんな貢献をしたかが神においてはもっと大切なこと)




最近はTMの生まれながらの無原罪説と独生女論が話題になっていますので、「原罪」そのものについて勉強しておく必要があるようです。

講論によれば、原罪とは「人間始祖が犯した霊的堕落と肉的堕落による血統的な罪をいい、この原罪は全ての罪の根となるのである。p121」だという。

それゆえ、アダムの子孫は全員、例外なく原罪を持って生まれたことになります。

しかし、ある36家庭の先生は文鮮明師は原罪なしで生まれたといいます。その理由は、アダムとエバが生まれる以前にも、神は人間を創造していて、その人達は罪を犯さなかったという。

その証拠は聖書に、カインが神にエデンの東に追放される時、”人々がカインの罪を知って、殺すかもしれない”と恐れたので、神はカインの額に印をつけて、保護した、とあることから明らかであるというのです。

この子孫達が韓半島にやって来て、その子孫が文家であるという。天父教という、古代の宗教が韓国にあって、そこに、その善なる、“神と共にいる人”、すなわち堕落しなかった人々のことが書かれているそうです。
 
ここで、大事なことは、アダム・エバ以外にすでに人間がいたことが聖書に書かれていることなのです。

すると、あなた方、アダムの子孫は原罪を持っているかも知れないがこの人達は違うということになります。だから、ユダヤ教は原罪を認めていないのです。

それでは、キリスト教はどうなのでしょうか?キリスト教根本主義者や福音派は原罪を認めていますが、主流のリベラル派は人間には罪があることは認めていますが原罪を認めているわけではありません。

そもそも原罪と言う教義は4世紀に出現したアウグスチヌス(354年生誕、391年司祭)によって構築されたものです。

彼においての原罪は、アダムから遺伝された罪として理解された。その際、両親の性交が罪の遺伝の機会と考えられた。この考えの特質は、罪が実体化されたことと、生物学的装いを施されたことである。

罪は一種の遺伝子のような実態であり、それが性交と言う生物学的過程を通して遺伝される、と言うのです。

この説の難点は:

1.罪と言う人格的ものが遺伝と言う非人格的・生物学的過程に還元されたこと、

2.遺伝概念は罪責としての主体的責任を基礎づけ得ないこと、である。

したがって、原理が説く論理的、実証的、科学的観点からみても、原罪が非人格的・生物学的過程に還元されることを科学的にどのように証明できるかが問題になって来ます。

さらに、遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づけるとどうなるであろうか?

分りやすい例として、韓国兵に強姦されて生まれて来たベトナム女性の子供に罪の責任を問うて良いのかという問題を挙げることが出来るでしょう。

1.子供は敵兵の子供だから敵兵の子供で、しかも強姦は罪なので
罪の子である。

2.子供にも母にも罪はない被害者なので、敵兵の遺伝的責任の概念を子供に負わせてはならない。

UCは果たしてどちらの立場に立つのだろうか?

原罪と言う概念が遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づける限り、UCは1.の立場に立ちます。

2.の立場に立つと、我々、子供達はアダム・エバの被害者になります。なぜなら、自分の意志で罪を犯していないからです。

したがって、個人の人権を重んじる先進国の憲法は何処の国でも親の罪の遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づけてはいないでしょう。

次に問題になるのは、無原罪の現実的価値です。

アダムとエバは無原罪で生まれましたが、立派に堕落してしまいました。統一家の無原罪の子供達も数名を除いて性問題を起こしています。

祝福家庭の二世達も家庭部の調査では6割は堕落していると言われています。

逆に、昔の日本のように、性の解放が未だなされていないイスラムや仏教の発展途上国の有原罪の人々の方が童貞や処女が多く、家庭を守っているのです。

したがって、大切なことは無原罪であろうが無かろうが、現実の実態生活において、

1.神と正しい関係をたもち、

2.人間と人間との正しい関係をたもち、

3.人間と宇宙自然界との正しい関係をたもっていることが最も重要なことなのです。

ちなみに、イエスは放蕩息子の話を通して、自分には罪が無いのだと言っている人よりも、たとえ罪を犯してもそれに気がついて、心から悔い改めて神のもとに帰って来る人を親なる神は無条件で受け入れることを説いているのです。

それゆえに、イエスの神観は日韓併合で韓国がソ連や中国に共産化されずに済んだことを忘れて、日本に1000年の恨みを置くとか、誰かさんのように、日本のUC信徒に日韓併合の蕩減を負わせ、何時果てることも知らない献金奴隷制度を制定したりすることを説いてはいないのです。





TMが、アダムとエバが生まれながらの無原罪でも堕落したにも拘らず、無原罪であることに過剰に価値を置いて今更、自分が生まれながらの無原罪の独生女であるとか、TFが16歳で無原罪になったとか、どうでも良いことを持ち出す事よりも、生前中に先ず第一に、堕落した統一家の子供達を復帰し、朴サムエルの恨みを解放し、人類の救済の為にどんな貢献をしたかが神においてはもっと大切なことなのではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!







「クリスマス発言」の公的教義化の始まり



問題提起:以下のメ-ルが私に届いていましたので、コメントを添えて皆さんに紹介します。


皆さんの中には、お母様の「クリスマス発言」そのものが、どれくらい定かなものなのかという疑念を抱く方もいらっしゃるかも知れません。

以下は、つい先月、孝情学術院国際学術会議において、金ジンチュン講師が発表した内容です。

「真のお母様が強調するように、これからは真実をあかさなければいけない時になった」

・真のお父様は神様の血筋で生まれたのではなく、堕落の血統を通して生まれた為、接ぎ木されなければならない。(資料243頁)

・真のお父様は、イエスからメシヤの使命を引き継ぐことにより、独生子の位置を相続して、サタンが讒訴することのできない天の血統を持つようになった。(資料240頁)

・真のお母様は、天の血統を持って生まれたので、原罪がない独生子の立場で誕生した。(資料248頁)

・真のお父様は、神によって準備された真のお母様に会って、1960年子羊の宴をすることにより、創造本然の完成人間である真の父母となった。(資料248頁)

重要な国際学術会議において、お母様の許可なくこのような内容が発表されるはずはありませんので、「クリスマス発言」と瓜二つのこの内容は、お母様のお考えに間違いないと思います。



これに対する師観のコメント:

「クリスマス発言」が公文となり、正式な教義として教会本部に通達される日は遠くは無いでしょう。

その時、本部はお母様はそんなことを言っていないと言い張って来ましたが、手の平を返すように変貌するのでしょう。

さて、そこで信徒達の反応は二つに分かれるでしょう。真理を探究して来た信徒の心は家庭連合から離れるでしょう。組織信仰の多数の小役人的メンタリティの信徒は何の矛盾も感ぜず受け入れるでしょう。

そこで、皆さんに質問します。

真のお父様は原罪があり、生まれながらの無原罪の真のお母様に出合って無原罪になったという教義を信じることで、日常の信仰生活に支障をきたすものなのでしょうか?

例えば、急に霊界が働かなくなり、献金が出なくなったとかが起こるのでしょうか?

もし、それでも日常の信仰生活に支障をきたさないとしたら、鰯の頭を信じたら支障をきたすでしょうか?

もしそれでも支障がきたさないとしたら、宗教とは一体何かという問題が出てきます。

皆さんはどう思いますか?



真理を真剣に探求してきた多くの兄弟姉妹が、この「クリスマス発言」のような最近の教会の変貌ぶりをみて教会から距離を置くようになってしまっていることは、とても残念なことだなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

お母様のみ言、クリスマス発言の意義(家庭連合崩壊への引き金か)




真のお母様のクリスマス発言とは「アボジは原罪を持って生まれ、私は原罪なく生まれた」と言うことですが、この発言についての神学的意義について考えてみる必要があるでしょう。

・韓鶴子女史のクリスマス発言の第一の意義は被造物である人間文師をたとえメシアであっても相対化したことです。

聖書によれば、神は神以外のものを崇拝・絶対化してはいけないというのです。

教祖の言葉と真逆のことをいう伝統は既存のユダヤ教の教義を否定し、メシア観もイスラエル民族の救いの概念から人類を罪からの救済するメシアの概念に切り替えたイエスに由来します。

文師はキリスト教徒ですから、イエスは自分の教祖であり、メシアです。ところが、キリスト教の根幹である十字架の救いの教義を失敗だと言い切ったのです。

イエスの救いには限界があるのですから、もはや絶対ではなく、霊的救いという相対的価値であることを説いたのです。

原理のキリスト論ではイエスは神ではなく被造物ですから、教祖イエスの相対化になります。これは画期的で革命的な神学になります。

・TMはTFの絶対性を否定することで教祖を相対化したが、同時に自分を絶対化したので、相対化される運命を自らもたらしたことにになります。

被造物であるTMが自分が神であることを宣言し、神以外のものを絶対化するなら、物議を引き起こし、遅かれ早かれ否定されるのです。すでに、子女であるH1・H2や勇敢な信徒達によって否定されている最中です。

・この方々のそれぞれの偉大さは被造物である人間文師をたとえ教祖であっても相対化し、その妻も相対化したことです。

この行為は神に似ているのです。ハ-ベコックスは神の創造の行為を世俗化と解釈したのです。

原理はこれを絶対者の相対化(神は絶対者でありながら、相対的な二性性相の中和的存在・・・)と記述したのです。

西田幾多郎はこれを神の自己否定と言ったのです。神の自己否定としての被造物はもはや神ではないので、”神以外のものを崇拝してはいけない”と言うのです。神の最も偉大なところは自分を自己否定したことです。

それ故、我々人間は誰であろうと自己否定しない限り、神に似たものになれないのです。

TFもTMも威張りだしたら、神から遠くなるのです。自分達の写真に信徒を跪かせ、三拝させる行為は、被造物を崇拝させる行為になるのです。これは偶像礼拝ですから、この宗教は一代で分裂し、崩壊するのです。


・このクリスマス発言の第二の意義は原罪の意義を我々に再考させてくれたことです。

すなわち、原罪が生まれながらに無かろうが、16歳で無かろうが、結果として、にどんな価値があるのかと言う問題提起です。

アダムとエバは生まれながらに原罪は無いでしょうが、堕落してしまったら、生まれながらの無原罪は何の意味も無くなるのです。

統一家の子供達も無原罪で生まれたでしょうが、そのほとんどが離婚、堕落、駆け落ち、略奪婚、事実婚など・・・、まともな子女はほとんど無い状態です。

原理においては、主体なる神の完成は対象である被造物の完成なくしてありえないというのです。

それゆえ、主体なる父母の完成は対象なる子女の完成無くしてありえないのです。人間の最小単位は個人ではなく、家庭なのです。

したがって、自分の家庭の完成をさておいて、生まれながらの無原罪、独生女論を今更説いても何の意味も無いのです。

・ところで、TMにしたがっている家庭連合ですら、内心は困っているのです。出来るだけ被害を最小限にとどめようとして、見ざる、言わざる、聞かざるのお触書をふれ回り、TMはTFと一体であることを説いているのです。

しかし、そのお触書の効果はもはや限界に来ており、開き直りの段階に達しています。

韓国の元老牧会者たちは「新しい葡萄酒は新しい皮袋に入れよ」と声を大にして叫びだしたのです。

TFの時代はもう終わって、今はTMの時代なので、「アボジは原罪を持って生まれ、お母様は原罪なく生まれた」でよいではないかと言うのです。

これは、TMの逝去後、暗に次の中心者の言うことに従いなさいといっているようなものなのです。次の中心者はどんな人物になるのかは知りませんが、教祖である文師のみ言葉に帰らざるを得なくなるでしょう。



クリスマス発言の報告者の嘆き:

数回前の投稿より引用:

この日の集会に呼び出された参加者の一人は、終始、惨憺たる思いを禁じ得ず、周囲の知人たちにこの事実を打ち明けた。

筆者にも何人かを介してこの内容が伝えられた。お母様が間違いなくそうお考えになるなら、私たち統一家の根幹を揺るがす核爆弾級のみ言葉である。

お母様のみ言葉に従うためには、今まで私たちが学んだ原理と摂理史、メシアを送るための血統復帰の歴史のすべてをくつがえさなければならないかもしれない。

今まで数十年間数百冊のみ言葉集に収録されたお父様のみ言葉をすべてくつがえさなけばならないかもしれない。

まさしく独生女教の本格的出発が目前に到来したようだ。今後、独生女教育のための元老牧会者40日修練に続いて、すべての公職者と食口たちを対象とした40日修練も実施されるかもしれない。

引用終わり


・クリスマス発言の第三の意義はTMの核爆弾級の発言を通してUC・家庭連合の崩壊と終焉を早めてくれることです。

現在の家庭連合は神の創造本然の理想からほど遠い反日韓国至上主義の絶対君主制の韓王朝であり、日本の信徒に対して永遠の献金奴隷制度を敷いていますので、神はTMを用いてこの組織の崩壊に導いているように見えます。

ロ-マ法王は「韓国は生まれ変わらなければなりません」と言いましたが、家庭連合も創造本然の状態に生まれ変わねばならないのです。その為には、一度崩壊しなければならないでしょう。



最高レベルで三分裂して非難し合っている今の家庭連合は、創造本然の状態に生まれ変わるために一度崩壊した方が良いのではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

共に歩むCARPリーダーの皆さんへ(CARP北日本ブロック長からのメッセージ)




もうすでにいくつかのブログで紹介されているようですが、興味深い内容なのでここでも紹介しておきます。



共に歩むCARPリーダーの皆さんへ(2)


-私の免職処分を通達した〇〇会長のメッセージに関して- 2017年3月8日 CARP北日本ブロック長 芳岡隼介

皆さんは、先日〇〇〇に上げられた〇〇会長のメッセージを通して、私の免職処分についてご存じだと思います。

私がブロック長という役職に固執することは全くありませんが、それにしても免職の理由が納得のいくものではありませんでした。

私を免職にする理由を要約すると以下の通りです。

● 顯進様の大会に参加した私の行動が、真の父母様の願いに反するものである。

● CARPの責任者という位置を離れた行動である。

● スタッフや学生に混乱をもたらす行為である。

● お父様は「真の父母から離れた真の子女について行ってはいけない」と指導して下さった。

これは私にとっては、全く納得のいかない理由です。

なぜならここ数年、私と会長、事務局長が時には夜を明かしながら数十時間にもわたって議論してきた内容は「独生女」論を語られるお母様は本当にお父様と一つになられているのか、ということが中心であり、〇〇会長のメッセージはその点を誤魔化しておられるからです。

〇〇会長はお父様がご生前に語られたみ言をもって、顯進様がお父様の下を離れた立場であるから、顯進様の活動に参加してはいけないし、お母様をお支えしなければならないと述べられています。

しかし、私の立場からお父様のみ言を引用すれば、以下のようなみ言があります。


● お父様は、お母様がお父様の血統を疑っていることを、真の父母の分裂であり、越えるべき試練(38度線)として指摘された。

「お母様にも話して見ろと言うのです、むやみに暮らすかと。お母様も38度線を終えなければなりません。あなたはあなたが行くべき道があり、私は私なりに行くべき道があるといって行ってみろというのです。

分裂しました。1パーセント、0.数パーセントの差があっても分裂するのです。天国の門に一緒に入らなければなりません。…『先生は堕落の血統を相続したか、きれいな血統を相続したのか』と聞くのです。

皆さんはそのように言う自信がありますか。原理の解釈も出来ない人が何、先生が純潔か、何とか潔かと。私がそれを知っているのでこの場に出てこないようにしました。

そこに行かないようにしました。醜いことを知っているので、なに、先生の血統が何、どうだと。堕落前に血統を汚したか。」
(み言葉選集第608集303ページ、2009年2月28日)



● お父様は、聖和される50日ほど前に、お母様が自分勝手にやって、真の母が不在であると語られた。

「オモニを私が育ててきたよ。オモニはいません。文総裁の妻の位置もいません。自分勝手にやっている!!自分勝手に。」
(アベル女性UN創設大会2012年7月16日)



● お父様は、お母様に対して、第二のみ言を語ってはならないと教育された。

「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として!他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。

今、先生を中心として、お母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、 お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。

 今、お母様が行く道は、お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の御言を述べるのを許しません。今度、韓国においても、御言絶対主義をとることができるように措置したのです。どのような御言も、第二の御言を許しません!」
(1994年12月24日の御言)



以上のみ言は、「独生女」論を語られるお母様は、神様が期待される真の母の責任分担から、逸脱してしまわれているのではないかと考えるのに十分ではないかと思います。

このようなみ言がある限り、私が「独生女」論を心配し、さらに「クリスマス発言」を心配するのは、CARPのブロック長として真っ当かつ最も重要な責務であると考えます。

皆さんの中には、お母様の「クリスマス発言」そのものが、どれくらい定かなものなのかという疑念を抱く方もいらっしゃるかも知れません。

以下は、つい先月、孝情学術院国際学術会議において、金ジンチュン講師が発表した内容です。

「真のお母様が強調するように、これからは真実をあかさなければいけない時になった」

・真のお父様は神様の血筋で生まれたのではなく、堕落の血統を通して生まれた為、接ぎ木されなければならない。(資料243頁)

・真のお父様は、イエスからメシヤの使命を引き継ぐことにより、独生子の位置を相続して、サタンが讒訴することのできない天の血統を持つようになった。(資料240頁)

・真のお母様は、天の血統を持って生まれたので、原罪がない独生子の立場で誕生した。(資料248頁)

・真のお父様は、神によって準備された真のお母様に会って、1960年子羊の宴をすることにより、創造本然の完成人間である真の父母となった。(資料248頁)

重要な国際学術会議において、お母様の許可なくこのような内容が発表されるはずはありませんので、「クリスマス発言」と瓜二つのこの内容は、お母様のお考えに間違いないと思います。

私は一年半ほど前に、〇〇会長に深刻な思いで、「統一家の分裂を克服するための意見書」を提出しました。その意見書の結論は以下の三点でした。

1、 CARP内に、この分裂を克服するための民主的な議論の場を設けて欲しい。

2、 CARP内で、少なくともブロックスタッフ以上のレベルにおいてこの問題に関する「言論の自由」を提案する。

3、 議論した内容を意見として韓国家庭連合本部や松濤本部に提出できるようにして欲しい。

結果的にはこの提案は部分的にすら受け入れられず、うやむやにされました。そして今に至るまで、統一家の分裂を克服する積極的な動きを生み出すことはできませんでした。

み言を良く理解しているCARPのブロックスタッフ以上がみ言をもとに議論することに、何の問題があったのでしょうか?

また、松濤本部に四回にわたって送った質問文に対しても、最終的には「答えられない」という返答を〇〇会長を通じて口頭で頂きました。

私は今回、確かにフィリピンに渡り、顯進様の大会に参加しました。しかしブロック長として日本でやるべき業務は早めに済ませ、フィリピン滞在中も電話受けは継続していました。

さらに、顯進様の活動はお母様を傷つけるものではなく、家庭連合を攻撃するものでもなく、み旨の目的である世界平和を促進するものでしかありません。それどころか、顯進様の活動によって真の父母様の名声が高められて行っているのです。

それにも関わらず、そこに行ったことが免職の理由になるというのは、非常に理不尽なことです。

私はマニラ空港で声明文を皆さんに送り、5時間後に成田空港に到着したら直接、〇〇会長と話し合いに行きました。また、〇〇事務局長にも、仙台に来ていただいてお話しました。

その中で私は改めてUCI裁判についてや、「独生女」論についてどのようにお考えなのかを質問しました。

お二人とも、UCI裁判については「詳しく知らない」、「独生女」論については、「正しい正しくないという判断をしたくない。お母様を信じていくことが私の責任分担だと思っている」という曖昧なお返事をされました。

ご自分たちでも家庭連合がUCI裁判を継続したり、「独生女」論を擁護することについて、それが正しいのか間違っているのかということに対する確信が無いにも関わらず、家庭連合の方針と違うことをやったからと言って、それが「減給」や「謹慎」ならともかく、「免職処分」の理由になるというのは、どういうことなのでしょうか?

私が免職に抵抗するのは、自分がクビになることが気にくわないからではありません。

要は、神様の摂理と真理をしっかりと追求することなく、家庭連合組織が選択した方向性(それが正しくても正しくなくても)に意見する者、異なる考えを持つ者、最後には行動までする者を、免職とか除名することで、本当の真実をうやむやにするという組織文化が、神の摂理を成し遂げることを大きく妨げていると思うからに他なりません。

食口たちに「免職処分」という強いインパクトを与えることで、実際には真のお母様を誰よりも愛していらっしゃる顯進様と関わることが、あたかも「免職」になるほどの気が狂った行動のように印象付け、食口一人ひとりがそれについて考えることも、探求することもないようにさせています。

顯進様が『コリアンドリーム』という本によってブックオブザイヤーを受賞されたということを、家庭連合の会員よりも一般の韓国民の方が良く知っているという現実を、皆さんはどのように感じられるでしょうか?いかに家庭連合内で「見るな、聞くな、行くな」という抑圧があるのかということなのです。

ですから私は結論的に、統一家の分裂を助長し長引かせる悪しき文化をそのまま踏襲する今回の免職処分を受け入れるつもりはありません。

それでも強引に免職処分にするというのであれば、私も次の方法を考えなければならないと思っています。

よろしくお願いします。

芳岡さんのメッセージ終わり



これに対するI氏のコメント:

なかなか刺激的になってきていますね。ここに書いてあることが本当だとしての話ですが、

メッセージより引用:

私はマニラ空港で声明文を皆さんに送り、5時間後に成田空港に到着したら直接、〇〇会長と話し合いに行きました。また、〇〇事務局長にも、仙台に来ていただいてお話しました。

その中で私は改めてUCI裁判についてや、「独生女」論についてどのようにお考えなのかを質問しました。

お二人とも、UCI裁判については「詳しく知らない」、「独生女」論については、「正しい正しくないという判断をしたくない。お母様を信じていくことが私の責任分担だと思っている」という曖昧なお返事をされました。

引用終わり

→ 〇〇会長も〇〇事務局長もわかんないのですね。

トップが「自分にもわからんけどただ盲従」というレベルの宗教団体に成り下がってしまったことを会長自らが確認したわけです。情けない。



● 顯進様の大会に参加した私の行動が、真の父母様の願いに反するものである。

→ 教祖夫人が変なことを主張して、教会員からの疑問にロクに説明もできない家庭連合が、天の願いに反するものである。


● CARPの責任者という位置を離れた行動である。

→ 会長という位置に立つ資格のない返答である。



● スタッフや学生に混乱をもたらす行為である。

→ 世界中の食口に混乱をもたらすのみならず、(因果応報論者の主張によれば)韓国が混乱しますます左傾化サタン化し、東アジア全体に混乱をもたらす言動を容認することである。


● お父様は「真の父母から離れた真の子女について行ってはいけない」と指導して下さった。

→ 『真の子女についていってはいけない』というのはその通り。しかしTMについて行ってもいけない。およそ恨原理主義と党争・分裂しかできない韓民族の伝統について行ってはいけない。

自ら好んで身を滅ぼす道を邁進する人たちに関わっても、一緒にほろびるだけ。「支える」つもりが、苦しみを長引かせるだけ。 そんなことよりも、もっと未来のことを考えたらいいのに。


I氏のコメント終わり



今のUCがこれほどまでに排他的な組織になってしまったことは、とても残念なことだと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

お母様のクリスマス発言(統一家の根幹を揺るがす核爆弾級のみ言葉)



お母様のクリスマス発言について詳しく知りたいというリクエストがありましたので紹介します。

2016.12.31. 22:00 http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/eEpL/831

真のお母様の核爆弾級クリスマス発言 - アボジは原罪を持って生まれ、私は原罪なく生まれた。

シャボン玉のブログからの引用です:
http://yuun0726.muragon.com/entry/219.html

ついに来るべきものが来た。姜賢実会長がサンクチュアリの亨進様に行ったことで、​お母様の胸が相当痛かったようだ。

​お母様はクリスマスの12月25日午前11時に教会幹部16人を天正宮に呼ばれ、​決心して独生女に関する自身の主張を明らかにした。

この日、呼び出された方々は、次の通りである。

チョン・Oジュ、チョ・Oイル、ユン・Oホ(天正宮秘書室)
ソク・Oホ、イ・Oソン、ユ・Oソク(機関長)
ソン・Oソク、金・Oテ、ヤン・Oス(天議院議員と元老牧会者会)
ホ・O、ユン・Oロ、サ・Oキ、チョ・Oウン(巡回師)
チン・Oベ、キム・Oチュン、キム・Oジェ(神学者)

おそらく教会各界を代表する人士たちで構成されたようで、統一家の最高元老たちと36家庭はお母様の独生女主張に否定的なので初めから呼ばなかったようだ。

この席でお母様は「姜賢実が亨進のところに行ったって?」と話を切り出され、すぐにキム・Oテ氏に向かって「私は原罪があるかないか?」と尋ねられた。

するとキム・Oテ氏は「当然原罪がありません。お父様と成婚後、お母様は原罪ない真の父母様になられました。」と機転を利かせて答えながら困難な質問を切り抜けようとした。

​ところが、お母様はこの発言の意図を読み取ったのか、「成婚後に原罪がなくなったのではなく、成婚前からだ。」と語られた。さらに一歩進んで、「お父様は原罪を持って生まれた」ということまで言われた。

お母様は「お父様に原罪がある根拠は何か?」という質問までされた。そして、「お父様は兄弟がいるではないか?お父様に原罪がないなら、その兄弟たちも原罪がないのではないか?私は兄弟がいない。」と言われた。

この言葉を聞いていたチン・Oベ氏がとても困り果てた表情でお母様に「お父様に原罪があるとすれば、教会のアイデンティティに大きな問題が発生します。」と諫言(かんげん)した。

その言葉を受けて清平修練苑院長イ・Oソン氏も、「お父様に原罪があれば大変なことが起こります。」と辛うじて申し上げた。

すると、お母様は「お父様の原罪の話はやめよう」と言われ、お母様の三代血統を中心とした独生女の話に話題を変えた。

そして、「キリスト教が私を準備してきたことを知らないのか?」と、まさにこのような家系があるので私は原罪がないのだと結論付けられた。

そしてご自分の説明について、再びチン・Oベ氏に意見を聞かれた。するとチン・Oベ氏は、「お母様がそうおっしゃってるのでやっと理解できて整理されます。」と答えた。

お母様はこの答えを聞いて満足されたのか、集まっていた人々に「これから元老たちの40日修練をまたしなければならないだろう。元老牧会者たちの40日修練をまたさせなさい。」と指示を下された。

まもなく昼休みになって、彼らはお母様と一緒に昼食をとった。

その場でサ・Oキ氏は「崔順実(チェ・スンシル)と自分は全く関係がない」と弁明を並べ立てながら、金O輝会長が「お母様は原罪があり、お父様にお会いして原罪が無くなった」と話して回っているという報告をお母様にした。

その場でヤン・Oス氏が元老牧会者5人が元老牧会者会の名前でお母様を証しする声明文を発表したと報告をすると、お母様は報告を聞きながら、相当好感を持たれたそうだ。そして、ヤン・Oス氏とキム・Oテ氏に40日修練に念を入れろと直接指示された。

この日の集会を終えて別れる場で何人かの間で論争があったそうだ。指示通り元老牧会者たちを呼んで40日修練をしたとしても、お母様の無原罪独生女の主張に対して、ちゃんとした原理的説明もできずに、ただ無条件、信仰として受け入れろとした場合、その尻拭いをできるのかということだった。

ある人は独生女論について神学的に完全に体系を立てて36家庭から公認を受けてこそ、後腐れないだろうと語った。

この日の集会に呼び出された参加者の一人は、終始、惨憺たる思いを禁じ得ず、周囲の知人たちにこの事実を打ち明けた。​筆者にも何人かを介してこの内容が伝えられた。

お母様が間違いなくそうお考えになるなら、私たち統一家の根幹を揺るがす核爆弾級のみ言葉である。

お母様のみ言葉に従うためには、今まで私たちが学んだ原理と摂理史、メシアを送るための血統復帰の歴史のすべてをくつがえさなければならないかもしれない。

今まで数十年間数百冊のみ言葉集に収録されたお父様のみ言葉をすべてくつがえさなけばならないかもしれない。

まさしく独生女教の本格的出発が目前に到来したようだ。

今後、独生女教育のための元老牧会者40日修練に続いて、すべての公職者と食口たちを対象とした40日修練も実施されるかもしれない。

引用終わり


師観の感想:

お母様はお父様に兄弟がいたことをお父様が有原罪で誕生された根拠にしておられるようだが、お母様はイエス様にも兄弟がいたことを御存じないのだろうか。



この「お父様は原罪を持って生まれた、お母様は無原罪で生まれた」問題は、教理の根本的な問題なので、隠すのではなく、徹底的に議論すべきではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

、「43双婦人有志の会」と名乗る人たちの声明文と師観の感想




1800双婦人有志の会に続いて、「43双婦人有志の会」と名乗る人たちが声明文を発表しました。私,個人としてはUCI関連の大会に全く興味がないのですが、この声明文は読むに耐え得ないのでコメントします。

43双と言えば、私のような777双よりも先輩家庭に当たります。日本のUC・家庭連合の中では一番の先輩家庭に人たちです。

1800双の婦人ならまだしも、43双にもなって、こんな幼稚な内容しか書けないのかと思いますとがっかりします。

家庭連合を代表する人たちがこんな幼稚なことを言うと日本の家庭連合そのもののレベルを露呈してしまうのです。そこで、何が幼稚なのかを少し指摘しましょう。

声明文より抜粋:

現在、子女様を中心とする〝分派問題〟が起こり、お父様の願いを実現しようと歩んでおられるお母様を批判し、統一家の分裂を増長させる動きがあります。

師観のコメント:

・子女様達は分裂したくて分裂しているのではありません。結果的に分裂状態になっているのです。

・お母様の「クリスマス発言」,すなわち、「お父様は原罪を持って誕生され、お母様は無原罪で誕生され、お母様がお父様の原罪を清算した」、「お父様は、お母様と聖婚する前には、他の女性と結婚すべきではなかった」というからです。

これを言うと、原理もUC・家庭連合も崩壊してしまうのです。こんなことを言うとお母様自身がもう一つの分派になってしまうのです。

それを食い止めるのが、あなた方、先輩家庭の使命でしょう。子女様方はお母様の暴走を食い止めようとして戦っているのに、それを背中から銃を撃つバカが何処にいるかというのです。

・保守系の朴大統領が罷免され、韓国が赤化されるのは時間の問題となったのは、霊的主柱であるお母様の「クリスマス発言」のせいだというのです。

・サンクチュアリによれば、「韓国の兄弟姉妹たちは条件を立て精誠を尽くしていますが、韓オモニの堕落のために韓国に呪いを招きました。この3年という短期間の間に韓国は内部から崩壊しています」というのです。サンクチュアリでなくても、道理の分る信徒なら、誰でもそのように思うでしょう。


声明文より抜粋:

特に2月27日から3月4日にかけてフィリピンでUCI関連の大会が企画され、そこに国家メシヤや二世を参加させるようにとのUCI側の指示の下、一部の人たちが勧誘活動をしています。

前述したように、そのような大会に参加すること自体が、真のお母様と子女様の間の溝をさらに広げ、真のお母様に大きな苦痛を与えることになります。私たちは、そのような場に、絶対に参加すべきではありません。


師観のコメント:

・国家メシヤや成人して家庭まで持っている大人の二世に対して、何故、こんな幼稚なことしか言えないのでしょうか?

まともな先輩格の人なら、「参加してみて、自分の目で確かめ、自分で判断してきて下さい」と言うべきでしょう。

私がカトリックの信者だった時に、原理講義を聞きに行って来るとカトリックの仲間に言ったら、みんな反対しました。異端の教義を聞いたら地獄に行くというのです。

そこで、私は、「彼らは再臨主が来た!と言っている。本当でしたら大変なことなので確かめ行って来ます。危険だけれども、私一人が地獄に行くことで確かめられるのであるのなら、本望です。」と言ったら、彼らは、そこまでの覚悟があるのなら、しっかり研究してきて頂戴と言って、祝福してくれました。

それは、彼らにはそれだけの覚悟がなく、天国に行くことだけの保身に固まっていたから、そういわざるを得なかったのでしょう。

本物かどうかを確かめるためにUCIの大会に参加することがどうして、真のお母様と子女様の間の溝をさらに広げ、真のお母様に大きな苦痛を与えることになるのでしょうか?

真の母たる者は本当に自分の子女が何をしているのかが心配なら見に行くのが道理なのです。いい歳になって、子供みたいなことを言っていたら、43双の面汚しになるでしょう。 

・マルコ氏によると、「韓国のリーダー達は、今はお母様に従っているが、顕進様が中心になっても良いように、保険をかけているのですよ。そうなったら、韓国の宮廷ドラマにあるように、「今回だけ許してください」と言って、全員豹変し、顕進様を大歓迎するのです。」と言う。

日本の家庭連合リーダー達は保険はかけてはいないでしょうが、全員豹変の業は韓国のリーダー達よりも勝っているでしょう。

中心が変わるとそれに順応していとも簡単に手の平を返す事が出来る人たちなのです。


以下がその声明文全文です:



43双祝福家庭の皆様へ

今こそ「真の母」を支える女性が立ち上がりましょう!

真のお父様が聖和されてから4年半の歳月が経ちました。

お父様は、最後の祈祷で「氏族メシヤ活動」について語られ、「すべて成し遂げました」と祈られました。

そのお父様の願いを実体的に実現されるために真のお母様は「中断なき前進」を掲げられ、死生決断、全力投球で歩んで来られました。

お母様は、「私は今、毎日真のお父様と対話をしながら過ごしています。……真のお父様が聖和されたその瞬間、私は真のお父様が人類のために願われ、志された内容を、私の命が尽きるその日までに成就してさしあげると約束したではありませんか。そのため今、私は忙しいのです」(『トゥデイズ・ワールドジャパン』 2012年11月号、17~18ページ)と語っておられます。

ところが、現在、子女様を中心とする〝分派問題〟が起こり、お父様の願いを実現しようと歩んでおられるお母様を批判し、統一家の分裂を増長させる動きがあります。

その動きに巻き込まれる一部の古参信者がいることに対し、深く心を痛めるとともに、「晩節を汚してはならない」という天の願いからみたとき、信仰の危機であると言わざるをえません。

しかし危機はチャンスでもあります。私たちが真の父母様を中心に一致団結するならば、大きな飛躍をなすチャンスになるからです。

敬愛する祝福家庭の皆様。天の父母様(神様)はお一方ですが、本陽性と本陰性の二性であられ、ゆえに神の似姿としての人間は男性と女性に分立され、人間始祖アダムとエバとして現れました。神様の陽陰の二性性相に似たアダムとエバがいなければ、生命が生まれることはありません。

すなわち私たち子女は存在しないのです。愛と生命によって血統が生じ、神様の子女が生まれるのです。

本来、神様の血統は、アダム・エバの堕落がなければ、そのとき生み殖え、家庭・氏族・民族・国家・世界・天宙へと広がって人類一家族世界が実現していました。

そして、すべての人が「神的価値」をもっていたのです。

しかし、それが成されず、今から2000年前、第二のアダムであるイエス様のとき成せるチャンスが到来しましたが、イエス様は新婦を立てられず、結局、天の願いを果たすことができませんでした。

アダムとエバが失敗し、イエス様も果たせなかった神様の夢を、第三アダムであられる真のお父様は「真の母」を探し立てられ、人類の真の父母となられることで、歴史上、初めて神様の夢を成し遂げられました。

1960年の「小羊の婚宴」によって、人類歴史上、初めて神様を中心とする結婚が成されたのです。

神様が長い間願い続けてこられた夢が、遂に実現するときを迎えています。

この事実に対し、長きにわたって苦悶し続けて来られた神様は、どれほど大きな希望を感じておられるでしょうか。

「真の父母」が現れた現代は、神様の願いである理想世界すなわち人類一家族世界が実現される目前に来ている時です。

再臨である第三アダムの摂理は、最終摂理であり、これ以上の延長はありません。

真のお父様は、ご生前、「お父様がいないときは、お母様のことを思わなければなりません。……今までは先生を愛してきましたが、これからはお母様を愛さなければなりません。これからはお母様の時代に入っていくことを理解して、特に女性たちはそのようにしなければなりません」(『真の父母の絶対価値と氏族メシヤの道』 116~117ページ)と語っておられます。

お父様は、お母様を中心に祝福家庭が一致団結することを願っておられるのです。

特に、日本は母の国の使命をもって歩んでいます。私たちは、前述したお父様の「お母様を愛さなければなりません。これからはお母様の時代に入っていくことを理解して、特に女性たちはそのようにしなければなりません」というみ言に従って、お母様の完全な相対圏にたって歩んでいくべきです。それこそがお父様の願いです。

もし、そこに同参しない祝福家庭、兄弟姉妹がいるなら、それは歴史的最大の不信仰の問題であると言わざるを得ません。

祝福家庭は、「真の父」と「真の母」のお二人によって神様の血統に生み変えられた子女です。

父お一人で生まれた人はなく、また、母お一人で生まれた人もいません。私たち全員が、「真の父」と「真の母」が一つになられた愛の中心から生まれてきたのです。

それゆえ、「真の母」を否定すればどうなるでしょうか。

それは、お二人から生まれた私たちの存在そのものを否定することにつながります。お父様は、「メシヤが一人で来てはいけません」『永遠に唯一なる真の父母』 68ページ)と語っておられます。

メシヤは「真の父」と「真の母」のお二人が揃ってこそ、その使命を果たせるというのです。

したがって、お母様を否定することは、お父様のメシヤとしての使命をも否定することになります。

分派活動をする人は、「真の父」を重んじているかのように振る舞いますが、実際には、「真の母」を否定することで、「真の父」の勝利圏を否定していることを悟らなければなりません。

去る2月24日、1800双家庭会から「お母様を支持する声明文」が発表されました。

私たち「43双婦人有志の会」も、その内容に賛同する次第です。

特に2月27日から3月4日にかけてフィリピンでUCI関連の大会が企画され、そこに国家メシヤや二世を参加させるようにとのUCI側の指示の下、一部の人たちが勧誘活動をしています。

前述したように、そのような大会に参加すること自体が、真のお母様と子女様の間の溝をさらに広げ、真のお母様に大きな苦痛を与えることになります。

私たちは、そのような場に、絶対に参加すべきではありません。

今こそ、私たちは母の国の女性として、祝福家庭をかき抱いて立って下さっておられる真のお母様に対して「孝情」の心で支える「婦人有志の会」を結成して、立ち上がってまいりましょう!

2017年3月2日 「真のお母様を支える43双婦人有志の会」

以上声明文終わり


1800双の婦人ならまだしも、43双にもなって、こんな幼稚な内容しか書けないのかと思いますとがっかりします。まともな先輩格の人なら、「参加してみて、自分の目で確かめ、自分で判断してきて下さい」と言うべきではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!

お母様のクリスマス発言とUCIに関する本部の手紙とそれに対する師観のコメント



以下のメ-ルが届きましたので、ここに紹介し師観のコメントを最後に書いておきます。



・お母様の「クリスマス発言」

CARPで忙しく責任を持つ皆さんの中には、知らない方も多いかも知れませんが、昨年末の12月25日および12月30日に、お母様は非常に深刻な発言をなさいました(まとめて「クリスマス発言」とします)。

その内容は、「お父様は原罪を持って誕生され、お母様は無原罪で誕生され、お母様がお父様の原罪を清算した」、「お父様は、お母様と聖婚する前には、他の女性と結婚すべきではなかった」というものでした。

このことは、私達の信仰的アイデンティティが消し飛んでしまうほどの衝撃的な内容です。

もともと、2014年7月1日にお母様は初めて「血統転換、私は母胎からなのです」という発言をされていましたが、今回のクリスマス発言は余りにもあからさまで衝撃的でした。

私はこのようなお母様の「独生女」発言に関して、上の2014年7月1日から非常に心配な思いが消えず、松濤本部やCARP本部に何度も質問文や意見書を提出してきました。

しかし、どんなに訴えても深刻に受け取られないばかりか、松濤本部はお母様の「独生女」発言がエスカレートするのに応じて、どんどん今までの原理的見解を変更していきました。それで遂に今回の「クリスマス発言」に至ってしまったのです。

この発言は少し考えただけでも、これでは「父母」ではなく、「母父」(主管性転倒)になってしまう点、そしてお父様の、お母様と聖婚される以前の二人の女性との関係が、あたかも堕落行為であったかのようになってしまう点で、大きな問題があります。

そして何より、聖霊の実体であるお母様は、お父様をメシヤとして証しされることにその中心的な使命があると思われますが、「クリスマス発言」を通して、「お父様はメシヤではなく、メシヤは私だ」ということを言ってしまわれています。お母様によってお父様が「上がる」のではなく「下がる」ようになってしまっているのです。

お父様が語られたみ言の中には、このようなお母様のお考えに対して、「それでは真の母になれない」と忠告されたみ言が山ほどあります。

残念ながら、この「クリスマス発言」を撤回されなければ、お母様は真の母の立場を勝利することができなくなってしまうのではないでしょうか?

また、お母様がそうなってしまえば、お父様も真の父として勝利されたとは言えなくなってしまいます。非常に深刻だ、という言葉では表現しきれないほど、深刻な問題です。

エデンの園において、本来の主管性は(神)⇒(アダム)⇒(エバ)⇒(天使長)です。

一方で堕落における主管性転倒は(サタン)⇒(エバ)⇒(アダム)⇒(神を捨てる)です。

原理的に見れば、「独生女」発言は、天使長圏にあたる祝福家庭がお母様に正しく侍ることができないことによって、サタンの偽りの言葉を代弁するような立場に立ち、お母様を主管し影響を与え、アダムとの主管性を転倒してしまうということになります。

本部が「独生女」発言を無理に正当化するような理論を構築していくことは、お母様をお支えするどころか、本質的には苦しめています。

そしてそれは、真の家庭を破壊する行為です。私はすべての祝福家庭が、お母様に「クリスマス発言」をさせてしまった責任を連帯的に負っていると思います。

もしもこのまま、「クリスマス」発言が撤回されず、真理を歪曲したまま進んでいけば、家庭連合は間違いなく霊的に絶命状態になっていくでしょう。

これは大袈裟ではないと私は思います。神様の創造目的の中心であり、メシヤの使命の中心である真の家庭を傷つけたり破壊したりすることは、これ以上に恐ろしい罪はありません。



更に、以下のメ-ルも届きましたので、紹介します。

2017年3月10日
件名:UCI関連行事への不参加について

ご聖恩感謝申し上げます。

先般、3男の顯進様を中心に、フィリピンでUCI(いわゆる「郭グループ」)の大会が開催され、日本からも数名の(元)公職者らがこれに参加するという極めて遺憾な事態が発生しました.ここであらためてUCIの問題点を明らかにしたいと思います。

第1点は,彼らは真の父母様の主管すべき公的財産(米国のUCI、韓国のセントラルシティー、南米の土地等々)を奪い、勝手に処分してきました。そこで、当法人はやむをえず、アメリカでUCIを訴え、現在法廷闘争中です。もちろん、UCI側からも我が教会本体を訴えてきました。

第2点は、真の父母様は「顯進は先生と同じ方向に向いていない。逃げ回っている。顯進が先生の方向に来なければならないんだよ」、「顯進が先生の方向に合わせられないから駄目なのだ」(アメリカ『ボート会議』 2010年7月16日)と語られ、「顯進についていくな」と、聖和される直前も幹部たちに対して厳しく指導されました。

第3点は、彼らは教会員に対して、他の分派と同様に、真の父母様に対する不信感を植え付け、顯進様夫妻を父母様の位置に据えようと謀っているということが残念ながら事実であります。

フィリピンの大会に参加したUCIメンバーは、帰国後、UCIフィリピン大会の報告会や故・神山威氏の追慕礼拝を神山裕子夫人が中心となって準備しています。3月20日には東京で、次いで名古屋(未定)での開催が予定されています。

さらに仙台、大阪、福岡も検討されているようです。これらの集会は一見、親族による純粋な追慕礼拝をよそおいながら、実態はすでにUCIの幹部となって熱心に活動している東森教氏(元レバノン国家メシヤ)らが親族の背後で主管する、実質UCIの集会であることは明らかです。

このような最近におけるUCIの日本での活発な活動の状況を踏まえて、日本家庭連合ではUCIフィリピン大会の報告会及び故・神山威氏追慕礼拝等への国家メシヤをはじめ、先輩家庭、公職者、職員、スタッフ及び一般教会員等の参加を認めておりませんので、各現場において決してあいまいにせず、教会員を真の父母様にのみしっかりと正しくつなげるためにも、徹底してご指導下さるようお願いいたします。

総務局長 近藤徳茂



これらのメッセージに対する師観のコメント:

日本家庭連合ではUCIフィリピン大会の報告会及び故・神山威氏追慕礼拝等だけでなく、「クリスマス発言」、すなわち、「お父様は原罪を持って誕生され、お母様は無原罪で誕生され、お母様がお父様の原罪を清算した」、「お父様は、お母様と聖婚する前には、他の女性と結婚すべきではなかった」という様な集会にも行かないようにという文言も付け加えると、第三者から見て、fair(公平)に見えるでしょう。



お母様のクリスマス発言に対する家庭連合本部の公式見解を聞いてみたいなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR