残念な両班的な文化に支配されるUCの姿(本当に神様、世界の為の家庭連合なのでしょうか?)




ある人が今回のマジソンスクエアガーデンの大会について次のようなコメントをしました。


確かにマジソンの映像を見る限り、真の父母が来られていると語っている割には、TFの証しがほとんどないことに違和感を感じました。

アメリカ大陸責任者も韓国人では嫌になります。世界の頭を全て韓国人で占めて韓国人による韓国人のための家庭連合です。本当に神様、世界のための家庭連合なのでしょうか?。

ある人のコメント終わり


それに対する師観のコメント

・世界120ケ国に日本・アメリカ・ドイツから一人づつ派遣し、彼らがものすごい苦労と投獄などの迫害を乗り越えてやっと基盤を造ったと思ったら、韓国人のリ-ダを送って、すべて主管するという構図です。

それによって発展するのなら未だよいのですがせっかく出来た基盤を破壊してしまうケースが多いのです。このやり方は両班のやり方に酷似しており、韓国の典型的な文化でしょう。

残念ながら文総裁もこの韓国文化の所産なのです。文師はすごい苦労と投獄などの迫害を乗り越えてやっとUCの基盤を築いたら、随分後からやってきた文夫人によって、文総裁は夫人に出会ってて原罪がなくなり、救われ、キリスト教の2000年の歴史は独生女である文夫人を迎えるためにあったと言うのです。

したがって、文総裁は夫人の為の露払いに過ぎないのです。だから、「TFの証しがほとんどない」のでしょう。神が文師夫妻に願ったのは韓国至上主義の文王朝でも韓王朝でもないのです。

・この調子で行くと彼らは日本のUCの歴史は韓国人牧会者達を迎えるためにあったと言い出しかねませんですね。問題はそれを吟味・検証しないで言われるままになんとなく受け入れる日本の信徒達です。

・各国に送られて来た韓国人のリ-ダ達はその国で成功している黒字のビジネスを取り上げて行きます。したがって、取り上げられないためには意図的に赤字にしておかねばならないと言う。

神山氏はアメリカで様々なビジネスを展開しましたが、韓国の先生方が後からやって来て、黒字のものだけを取り上げて行くものですから、随分躓いていました。

日本にやって来た金明大先生も当時黒字であった世一観光と天正教のみを主管し、赤字の摂理ビジネスには一切手を付けなかった話は有名です。

・文総裁はそのような文化を持っている韓国でも、韓国第一主義で推し進めて行ったものですから、今度はその文化によって、自分の妻から創始者の位置を取り上げられてしまうのです。

仏教では、それを因果応報と言ったものですが、現実は皮肉なものです。   クワバラ、クワバラ




UCがこのような自己中心的な韓国至上主義を続けている限り、地上天国を建設することはできないのではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR