FC2ブログ

人生と宇宙の根本問題(神が自分の内におられる者になろう)




キリスト教の神学によれば、神は無から有を創造したという。アメリカのタフト大学のアレックス・ビレンキン博士によれば宇宙はもちろんのこと時間も空間もない状態の「無」という状態があったという。

従来の科学では無からは何も生まれてきませんが、ミクロの世界を扱う量子力学では、ある確率で宇宙は無から生まれるという。

この「無」というのは博士によればエネルギ-の高い真空であり、この真空のエネルギ-がインフレ-ションという急激な膨張を起こし、とほうもない熱や光を作り出し、その中から物質が生まれていくビッグ・バンが生じたという。

したがって、「無」とは何もない状態ではなく、形のない無形存在、エネルギ-が存在していたという。

仏教でいう「無」も形のない無限の有である。要するに、存在の仕方には有形状態と無形状態があるということになる。但し、従来の神学の無は全く何もない状態をいう。

それでは原理の立場はどうでしょうか。それは、神が無から創造をしたのでなく、神から創造をしたのです。なぜなら、無からの創造の無とは神以外に何も存在していない状態のことになるからです。

統一思想では神の原相からの創造ということになるでしょう。しかしながら、神が被造物を神から創造したとなると、それは神から流出したように見えるのです。

哲学では「本質は現象する」といいますが、この本質を神に置き換えますと、目に見えない無形の神が実体化した現象そのものとして受けとめられてもしかたがなくなってしまうのです。

こうなりますと、神と被造物の区別がつかなくなり、汎神論になってしまうのです。しかし、時空を超えた無形存在の神と時空の中で現象化した神の実体対象との間には絶対的な違いがあるのです。

神は永遠・絶対・不変・無限の存在ですが被造物は一時的・相対的・可変的・有限の存在なのです。すなわち異質な存在になるのです。

聖書では人間は「神の宮」だとか、原理では「神の実体対象」とか言いますが、神とは異質なものなのです。

人間は幼児の頃は自分のことしか考えることが出来ません。他人に迷惑を掛けることが当たり前なのです。

時々娘が二歳児の孫を連れてきますが、大切なDVDの入れ物をひっくり返して、遊びの道具にしたり、触れてはいけないオ-デオセットをいじくりまわして壊していきます。これは明らかに神とは違います。

再臨主といえども高齢になると車椅子が必要になり、物忘れがひどくなり、トンチンカンなことを言い出したりするのです。

その結果、第一線から退けられ相手にされなくなってくるのもですから、「先生はかかしではない」と叫ばざるを得なくなるのです。

このように人間はメシアといえども神とは違うのです。それゆえ、聖書は神以外のものを崇めてはならないというのです。

それでは個性完成して神の宮(実体神殿)になった人間や程度の差こそあれそれになりつつある人間とはどのような状態なのでしょうか。

聖句を用いて説明すると、「私が父の内におり、父が私の内におられることをを信じないのか(ヨハネ10/38)」であるという。

これは汎神論(pantheism)とは違い、神学的には”pa en theism”という。enとはinと同じ意味なのです。

神は時空を超越しますので、いかなる時空にも入り込めるのです。したがって、神は人間や宇宙自然界を超越してそれらの外側に存在する超越神ですが、同時に人間や宇宙自然界に内在できるのです。

例えていうと、バケツの中に水を入れてタオルを浸すと水はタオルの外側に存在しますが同時に浸み込みますので、その内側にも存在するのです。

それゆえ、水(神)はタオル(被造世界)だと言えば、汎神論になってしまいますが、中に存在すると言うと汎神論にはならないのです。

それゆえ、イエスが「私を見た者は神を見た者だ」と言った場合、イエスが神であると言うのではなく、イエスの中に神を見るという意味になるのです。

文教主によれば、イエスだけがそのように言えるのではなく、全ての人が同じことを言えるように創造されており、そこにたどりつけるようになっているという。

メシアとは神と罪人の中保者あり、全ての人がそこに到達出来る条件を立てたので、完成・完結・完了と言われたのでしょう。そして、そこにたどり着くかどうかは我々の責任分担と言うことになる。さらに、程度の差においてそのように言えることでしょう。

釈尊は自分の中に真・善・美・聖・愛に満ち溢れた創造本性(仏性)目覚め、覚醒したのでしょう。

したがって、人々は釈尊の中に仏(神性)を見るのです。禅では老師とは釈尊と同じ境地に達した正覚者だという。そして、それは誰でも修行をすればそこに達することが出来ると説くのです。

献金を多くするとそこに達するという宗教とは違うのです。

これに対してキリスト教はどんなに修行をしても自力では創造本然の状態には達することはなく救われないと言う。

それゆえ、イエスの十字架による贖いと復活を信じれば、罪は許され救いの恩寵にあずかることが出来ると言う。これは、完全に他力の宗教です。仏教にも宗派によって他力本願を説くところが沢山あります。

原理はメシアが蕩減してくれる他力の部分と自分で蕩減して行く自力の部分から成り立っています。

そして、他力の部分は完成・完結・完了したと言われたのですから、後は我々が人間修行をして到達するだけです。文教主はそれに対しては大変希望的なみ言葉を語っておられるので、紹介しておきます。


文教主のみ言葉によると:

「神様と人間が真の愛で一つになり、人間が真の愛で為に生きれば、宗教も祈祷も必要ない。・・・こうした状態は堕落前の状態と同じで、宗教も宗主も救世主も要らない。・・・

良心を絶対視して生きれば天国へ行く。宗教も祈祷も必要なく、完全解放である。蕩減は良心の全てを共有して解放する為である。・・・家庭理想生活を送れば、堕落前のエデンの園の創造理想が実現することによって宗教はなくなる、宗教撤廃である。」(み言葉選集265巻P117より)


「祈祷よりも奉仕することを神様は願われる。・・・良心と私に命令しなければならないので、祈祷が必要ない」
(み言葉選集474巻P180-1)

「神の家庭になれば教会が必要ない。これからは皆さんに会わなくてもよい。卒業証書も与えたし、伝統が分かる訓読会もしたし、み言葉集もある。祝福中心家庭は祝福に対する責任を自ら負わなければならない。だから神様も先生も必要ない。全て教えてやった。」
(み言葉選集370巻P305)

み言葉引用終わり


「神様も先生も必要ない」という意味は訓読会のみ言葉集もありという。

以上のみ言葉から結論として導き出されることはTMの家庭連合もH1の組織もH2のサンクチュアリも卒業して、信徒たる者は
”自分が神の内におり、神が自分の内におられる者”になれと言うことになる。どこかの組織にしたがって行く時代はもう終わったのです。



韓国至上主義を掲げ、献金額で人間の価値を決めるような組織を卒業して、神が自分の内におられるといわれるような信徒になっていきたいなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早くしなさいというのです

「無」とは、無形実体世界のことだと私は理解しています。文明が発展して、量子力学の世界がさらに理解されてくると、無から有が生じることがわかってくるでしょう。同時に、霊界との交信も可能になるでしょう。私は、お父様が霊界に入られてから霊界との交信も可能になると思っていましたが、地上のスピードがまだ合ってないようです。
さて、神様も有形のお姿が地上でも霊界でも欲しかったと原理を学びわかったのですが、霊界での神のお姿は、そのうち、御父母様になるのではと思っていました。ただ、お母様が聖和した後だと考えています。その時に天国の門が開かれるのでしょう。いや、もう開いていますか。わかりません。今回の式典で椅子が一つで、「一体化しているから」と発表がありました。でしたら、父母様のご尊影も、お母様おひとりでいいはずです。違いますか。早くしなさいというのです。私はいつまでも父母二人のご尊影に敬礼しますよ。神様がペアシステムですから。お母様一人は気持ち悪いのです。本心が。原理を解かれたのは、真のお父様です。お母様ではありません。ただし、同位権、同参権です。
たしか、み旨と海の本に、大陸はサタン世界が占領したので、陸地の教会(UCも)はなくなり、海洋教会だけが残ると読んだ記憶があります。また、教会は実績を報告する事務局(事務所)になるとあったように記憶しています。原理的に考えてもそのようになるでしょう。しかし、それがいつからかはわかりません。私たちの氏族メシア活動の基盤次第でしょう。

何となくスツキリしました

師観さんの原理観がスピリチュアルや仏教などにも通じる内容だったので、難しいけれども何となく分かるような気がしました。文先生の御言の中で一番重要な御言、伝えたかった事の全てなのかなと思いました。

「人に内在する良心神」のブログと「神言会」のホームページで、救世主についての記述があります。

「救世主と呼ばれる存在は人々の罪や汚れを浄化させる役割があるのです。その行為は人間として世に産まれていた場合、肉体個人としては百害あって一利無しというほど辛いものなのです」「何故ならば自分が助ける者達が積んでいるであろう罪や汚れを先に背負わなければならないからです」「助けた者の罪や汚れを後から背負えばよいでは無いのです。先払いで救う者達の罪分だけは祓(払)っておく必要があるからです」等...

文先生のメシヤとしての役割は、全人類の罪悪歴史と朝鮮民族のエゴの再現?

「日本にはメシヤがあるだろう、メシヤではなく飯屋」というような反日的な御言があったと思います。けれども、大本教には「米教という救世の為の最後の教え」があるそうです。米の形の教えなので、「飯屋の教え」だそうです。

文先生は日本がみ旨の中心である事も知っていたはず。反日的な御言の中にも真実?というかメッセージが隠れていたのかも...と思いました。

嘘と真理を織り交ぜたたくさんの御言に、日本の信徒は翻弄され続けてしまったような気がします...。文先生がメシヤなのか詐欺師なのかわかりませんが、文先生が本当に神様を愛していて、神様がそのような極悪非道とも思えるような事を命令したのだとしたら、それは悪の御用?なのかなと思いました。でもそうだとしても、多くの恨みを買ってしまうような宗教団体になってしまいました...。

多分ですが、霊界に導かれてこの宗教に出会ったという人は、この宗教を通して自分のカルマを清算する為にわざとご先祖様々が導いたという事なのでしょうか?

この経験を通して学んだ事がカルマの清算にもなり、神様の仕組みなのでしょうか...。

長くなってすみません。今日のブログの内容が心に響いたのでついつい書いてしまいました...。



日本の神道や仏教では、既存の事実。

>韓国至上主義を掲げ、献金額で人間の価値を決めるような組織を卒業して、神が自分の内におられるといわれるような信徒になっていきたいなと思われた方はクリックお願いします<

教団では、文鮮明教祖のミ言葉~彼の話は、絶対的なものとして、み=御言葉として、最高に扱われる。真実でないことも、検証されずに、ミ言葉となる。混乱の原因。

文鮮明教祖と彼のミ言葉を信じている限り、韓国至上主義なのです。彼のミ言葉を一部、抜粋しても、根本は変わりません。

日本の神道や日本の仏教(他の国の仏教ではない)には、神性や仏性として、何千年も前から、すでに、知られています。

その通りだと思います。

師観さんが言われている通りですね。
もう組織維持、公職者の生活の為の献金路程になっていますね。
そして、これから日本の信徒や伝道を真剣にするならば再臨論の反日的な記述の訂正や韓国至上主義の削除、堕落論の祝福結婚のみが原罪清算されると言う行き過ぎた観念論の訂正等、それに日本の復帰を真剣に考えるなら日本の文化に合わせた創造原理や復帰摂理の記述を追加するべきですね。
今の家庭連合だと全て分派扱いになって仕舞うのが悲しい現実ですね。
神様が生きておられて、復帰の道が進むなら必ずそういう道が出来ていくと思います。

本当の宗教指導者の話は、癒されるもの

日本の日本人信者に高額献金を指示命令したのは、文教祖であり、そのノウハウを常に、見てきた妻の韓鶴子女史と韓国人幹部は、いまでも、高額献金を日本人に強要するのです。

文教祖のみことば~反日であることがわかる~文教祖の復帰原理~日本支配

・韓国が反対に、日本を支配するところまで、いかなければ、復帰が出来ません。韓国は、日本に植民地支配されたが、反対に日本を韓国の植民地にしなければ、復帰は完了しません
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11132972634.html

文鮮明教祖の日本のっとり計画(1)~(3)
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11751201354.html
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11754192185.html
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11769018716.html

統一教会家庭連合=韓国の宗教法人はビジネスなのです。朝鮮カルトであり、宗教ではありません。
教団の牧師の話を聞いて、なぜ、復興しないのか。文教祖の動機(ホンネ)が問題です。ここがはじまりですから。説教がお金に結びつくような話はダメでしょう。 

この二人の僧侶の話を聞いてみてください。違いがわかるでしょう。 
山も海もあり、四季豊かな日本の自然は、万物の霊を感じ、神秘的です。 自然崇拝のすばらしいとこでもあります。しかし、文教祖は、神道や仏教、八百万の神を多神教で、雑居文化だと、見下しています。 日本の宗教を尊敬しない韓国出身の教祖の教えに、今後、日本人は、感動や感銘、希望を感じるでしょうか。

本物の宗教指導者がいる日本(一例)

・大阿ジャリ~塩沼亮潤 慈眼寺住職

TED x Tohoku Three mindsets that connect the World

https://www.youtube.com/watch?v=YHzoGWjcLRg

・松山大耕~妙心寺退蔵院副住職
TED x Kyoto A significant role of religions - a quest for
World peace

https://www.youtube.com/watch?v=8mAPA3YKC_A


・塩沼亮潤と松山大耕の対談 「創造と変革への挑戦」

https://www.youtube.com/watch?v=JeQcJYyzC9c

カラスさんへ

カラスさん、だいぶ協会に恨みがあるようですね。過去に何があったか知りませんが、そのエネルギーをあなたが信じる神様の為、人の為に向けた方がより健康的だと思います。
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR