FC2ブログ

「お母様は原罪なし お父様は原罪あり」について思うこと



最近少し下火にはなっていますが、「お母様は原罪なし お父様は原罪あり」がやたら問題になっていますが、現実的には「 お父様は無原罪でお母様が原罪あり」との差は何処にあるのでしょうか?

教義的には明確な違いがありますが、現実的違いは何でしょうか?TM無原罪を信じたら、TF無原罪を信じる人より人格が劣る人になるのでしょうか?

結論として、あまり変わらないと思います。大切なことは何を信じるかではなく、何を行うかです。

問題は教えです。神学とは、

1.神と人間との正しい関係、
2.人間と人間の正しい関係、
3.人間と宇宙自然界との正しい関係

を説く学問です。

従って、どちらもこれらの正しい関係を説き、実践するのなら、それらしき人格が形成されると思います。従って、現実的にはどちらの方が無原罪かなどという問題は、単なる観念論にすら思えます。

それよりも、どちらの方がシックを幸せにし、人類を幸せにするのかです。競争すれば良いのです。

ちなみに、鰯の頭のような八百万の神を信じている有原罪の人は無原罪(?)の原研指導者のようにメンバ-に身体障害の真似をさせて物品販売などをさせないのです。これは明らかに詐欺です。

世の人々から見ると、統一教の神を信じると、目的の為には手段を選ばずの人格になり、詐欺行為もへいちゃらでやるような人間になるか?と判断されるのです。

私がキリスト教徒になってがっかりしたことは、釈尊や孔子のようないかなる聖人であろうと、イエスをキリストとして信じ、罪の許しとしての洗礼を受けない者は死後、みんな地獄へ行くという教えです。

UCの信徒もこれにかなり似たところがあり、「お母様は原罪なし お父様は原罪あり」などを信じたら、霊界に行ったら地獄へ行くと信じているところです。

自分達の教義を絶対化して、教条的になりますと、どちらも神の名において宗教戦争を引き起こすのです。

カトリックとプロテスタント、カトリックとイスラム教、シ-ア派とスンニ-派の戦争はお互いに血で血を洗う殺し合いに発展して行くのです。愛と許しを説きながら、憎しみ合いへと変質して行くのです。

それでは、TMは何故自分は無原罪でアボジは有原罪だというのでしょうか。それは六マリアに見られるようなアボジの女性関係でしょう。それらの行為が原理的観点から消化出来なかったのでしょう。

我々は第三者ですから、原理的意義を説明されると、理解することが出来ます。しかし、TMは当事者ですから、理性では理解できても感情的には消化出来なかったのでしょう。今まで、こらえ続けて来たものが、爆発(?)したのでしょう。消化しないで押さえ続けると何時かは爆発するものです。

アボジの問題点は女性関係だけではありません。アボジの神性はともかくとして、人性においては目に余るものがあります。

特に、TMや子女様におかれましては、まじかで体験していますので、恩進様のように躓く方も少なくはありません。それゆえ、TMの無原罪論は肯定は出来ませんが理解できるものがあります。

私、個人としてはTMが何を言おうが気になりませんが、やることには気に掛かります。

1.根こそぎ日本UCから全てを持って行ったのですから、痩せほとったシックからこれ以上無理な献金を課さないこと。

2.日本のUC・家庭連合に独立自主権を返還すること。そして、韓国人指導者は韓国に帰ること。

3.西太后のような独裁的なことをしないこと。

4.ラスベガスのカジノで日本円にして40億もすってしまったというような噂を立てられないようにすること。

5.金孝南の啓示でないメッセ-ジを啓示として捏造し、後継者をH1からH2にし、陰謀で両方とも解任するようなことをしないこと。

これらの現実を踏まえた上で、我等が行くべき道はTime to say good-bye
https://www.youtube.com/watch?v=IWo9dLa_EEE

です。過ぎし日よ さようなら 新たなみらいへ 神と共に旅だとう です。



韓国至上主義、反日主義を掲げている韓国人指導者たちは韓国へ帰っていただき、日本UCに独立自主権を返還すべきだと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リブログ『「お母様は原罪なしお父様は原罪...

​師観さん記事(以下)。「お母様は原罪なしお父様は原罪あり」について思うことhttp://katsuwatanabe.blog.fc2.com/blog-entry-331.htmlこれに関しては私の過去記事で、「お母様は原罪なしお父様は...

コメントの投稿

非公開コメント

真の家庭について

文先生は真の家庭というより、真に問題のある家庭をつくられました...。わざと家庭を犠牲にして再現したのでしょうか?(妄想かも知れませんが )。普通の家庭の幸せを得られなかった事が、お母様の「恨」なのかなと思います。家庭が「一番大切」という教義なら、真の家庭が和解できるように全指導者の方々が協力して努力した方が神様が喜ばれる事かも知れません...。享進様の映像を見ましたが、邪神に憑かれているみたいに感じられて正直怖かったです。直接お母様や顯進様と話す機会が無いから妄想や疑心暗鬼に?と思いました。宗教とか組織はもう要らない時代なので、最後に「真の家庭」が摂理とか使命とかから解放されてほしいです。そして信徒達も宗教組織から解放してあげてほしいです。難しいでしょうか?日本の指導者の方々は組織を少しずつでも解体する方向性は考えてはいないのでしょうか...。

No title

自分達の教義を絶対化すると戦争にはならないでしょう。
教義には平和、敵を愛する事、争わない事が書かれていて、
絶対化しない人達が戦争を起こすのでしょう。
そして各々の教義の矛盾を解決してくれるのが、統一原理だと思います。

No title

文先生と敬いながら、問題のある家庭を作られたと言う。
ヒョン進様と様つけしながら邪神に取り憑かれたと言う。
この矛盾性

家庭連合がお母様と一つになったら、息子達は自然に帰ってくると言われたお母様は誠に正しいと感じます。

感想さんへ

私のコメントが少し乱暴な書き方だったかも知れません。気分を悪くさせてしまってごめんなさい。享進様にも失礼だったですね...。そのように見えてしまったという個人的な感想で、けして享進様を否定するつもりはありませんでした。言葉の使い方良くなかったですね。現役信者さんの気持ちを考えなかった私の失言でした。ごめんなさい!

海がめさんへ

謝罪された事は初めてだったので驚きました。ありがとうございます。

家庭連合の食口達も御父母様の息子娘なので、1組でも理想家庭があれば、それは真の家庭だと思います。そしてお母様の心情と一つになり、願いと一つになり、動いたら、御子女様達は自然と帰って来ると私も思います。

海がめさん

神山先生や 周藤先生もひどかったですが
 海がめさんのコメントもひどいですね
 コメントをする気もおきなくなりました。
>わざと家庭を犠牲にして再現したのでしょうか?
 統一教会に来て何十年もたって 振り落ちた方の意見は そのレベルだと気がつきました。
 先祖 守護霊 背後霊に申し訳ない方ですね

森一郎さんへ

私のコメントで傷つけてしまった事はとても反省しています。誤解を招くようなコメントはするべきではありませんでした。申し訳けありませんでした。

ウミガメさんへ

ウミガメさんへ
 コメントありがとうございます。
傷ついているわけではありません。
しかし 日本の統一教会の 大山のお父さん時代から 古田体制に移行した後の献金の摂理で 基礎教育もせずに 献金をさせるやり方で どれだけのメンバーが 
本質的な摂理 聖書 原理を理解せずに来ていることに 大変驚く次第です。
過去のリーダーたちは 江利川会長をはじめ 年数と数字だけを並べ立て
メンバーたちを 外的に追い立て 内的な成長を阻害してきました。
ただ外的に 真の父が繰り広げてきた 摂理路程すら理解できていないし
 韓国で 3弟子が立って 喜進様が聖和されたことで 劉先生が取られ
 三弟子の失敗となり なんやかんやあって 韓国政府がお父様を捕まえる為の法律を変え
 このままではお父様が捕まるため
 それ以降 アメリカに摂理を移動させて 郭ジョンファン ボーヒー朴 もう一人は タイガー朴でしょうか わかりませんが
 エデンの園をまた 新しく築き上げ その中で ある意味 ヒョウジン様と 誉進様の近くに 小児性愛者のピーター金をわかっていておいたわけで
 その意味が 理解できますか???
 お父様は 神様の立場であり 天使長を通してしか 子女を愛し育てることができなかったわけです。
 韓氏オモニも理解できないし わかっていたのは 金英雲先生や 崔元福先生や安先生 ウォンピル先生など1部の方達で 他のメンバーたちは何も理解できていなかったわけです。
そのような中で 神山 周藤 中心者たちが理解できない中で お父様が 行う摂理の意味が理解できれば ヒョウジン様も フンジン様 ヨンジン様も
 ナンスク様も 誉進 仁進 恩進 顕進様もシンギル様も 全人類を立てるため 最後にドナルドトランプを立てるための 犠牲であったと感じます。
 渡辺のお兄さんは少しは理解できるでしょうか???
 たぶん無理でしょう!!!
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR