FC2ブログ

西川先生は宗教の本義を全うした人だった。




ある人から次のような質問を受けました:


「西川先生は天使長の立場であり、その西川先生に侍ったことが日本の心霊を上げることが出来なかったと聞いています。天使長に侍ることは天使長以上に上がれないことを意味しています。私も納得です。」



これに対する師観のコメント:

西川先生の時代は、純粋に原理を伝え、宗教の本流のみを実践していました。

西川先生が天使長なら文教主によって次に日本に送られて来た金ヒョンテ氏は何になるのでしょうか?

彼は ブラジルにいたのでブラ金と呼ばれていた。この人がブラジルにいた時に神山氏の弟から組織を取り上げたりして、何かと評判の良い人ではなかった。

彼はブラジルに組織を持っていて、日本人をアメリカに送り、
fundraisingをさせてニューヨークにイーストガ-デンと同じくらいの大邸宅を持つにいたった。

この野心家のブラ金氏が「天地正教」の顧問になったのであるが、チェコスロバキヤの国家メシアでもあったので、チェコのガラス細工を「天地正教」に買わせて、一財産を作ろうと考えていた。

教団を使っ て自分のビジネスをしよう言うのである。さらに、統一教会に入ったら”日本人を顎で使える”と言ったという。

さらに、報告によると、「天地正教」のお金で成約ビルを5億で購入し、7億で購入したことにし、2億は自分のポッケとに入れたことが発覚し、顧問を解任されたとも言われている。

UCだから誰も何も言わないが、国会だったら野党はこのようなとんでもない人物を「天地正教」の顧問として送って来た文教主の任命責任を追及することになるでしょう。下手すると、文教主がこんな人物と相対する同類の人物と評価されるかもしれない。

天地正教を担当していた当時のある指導者の証によれば、初代の川瀬教主は本当の宗教家でした。40年間、水ごおりしながら朝鮮人供養を続けてきた人です。

二代目の新谷(アラヤ)教主はその娘です。霊的感性があり指導力もあり、毎年浄化祈願祭を行いました。

北朝鮮からも招聘され60人ぐらいの幹部とともに訪朝し供養祭をしたことがあります。文教主はそれを大変喜びました。

しかし、北朝鮮学校問題を担当していたE女史は、自分を無視したといって、アラヤ教主に反発したのです。

F氏や韓国リーダーは、当時UCも天地正教も金集めの道具としか考えていませんので、宗教の本義を主張する川瀬氏やアラヤ氏を嫌いました。

文教主も知らないところで幹部同士の熾烈な利権争いに巻き込まれ、妬み、嫉妬でアラヤ氏も天地正教も倒れていったのです。

・西川先生についての確かなことは教会や食口を金集めの道具として扱ったことはなく、宗教の本義を全うした人でした。

さらに、皮肉なことはF氏や韓国リーダーは、文教主の主管(指導)の下で当時UCも天地正教も金集めの道具としか考えていなかったことです。

それだけではありません。前述したように、UCが組織的に信徒に自殺者も出てくるような自己破産を指示し、奴隷扱いみたいな扱い方をしましたが、それも西川先生の主管下で行われた出来事ではなく、文教主の主管下でなされたことなのです。

それゆえ、西川氏が天使長なら宗教の本義から外れて教会や信徒を金集めの道具扱いした人達を何と呼んだらよのかという問題が出て来ます。




なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

事実ですね

今回もせきららな事実の内容です
どうとらえるかは各個人の力量でしょう
文氏は悪にも善にもどちらにも相対したと感じてます
そこにどんな意図があったのか?
どちらにしても結果として数多くの蹂躙が存在しました
数多くの被害者がでてそれらすべては黙殺されてきたのです
その結果信徒の数は増えるどころか減り信徒の質も低下していったのです
文氏は何者だったのか?
各個人自分に問うてみることも必要でしょう
そういう意味で師観さんのブログは意味があるのかもしれません


カルト幹部

カルト教祖が、文龍明なら
西川氏は、教祖に従っていた幹部。
西川氏は、韓国での統一教会が
どのような事をしていたのか知っていたはず!
離教していながら、よくも本部教会で、
講演なんかできたよなぁ。
金積まれたんだろ。

教祖は、日本で誰一人伝道してません。
西川氏は、日本人どれだけ直接伝道したんだろうね?
講釈たれただけでしょう。

日本には日本の

同和のF社長が悪の条件を立て 手段を選ばず
 メンバーたちの
思考回路が崩れるぐらい活動をされていたと聞きます。
 日本には日本が犯した 罪があり エバ国は絶対にその堕落性から脱しなければならなかったのだと思います。
 弟子が文先生の 心を理解できなかった
それだけのことであり
特に 共産主義者である 大塚さん 国時さん 江利川先生は特に理解できなかったのだと感じます。
それから 弟子の1人である 韓鶴子が自分の立場を理解できず、自分はただの弟子であることを理解していなかったことが、問題であると感じます、
 沖縄人も韓国人も社会主義者になりやすい国民性であり 以前の私のアベルであった 高橋久オ先生も
 私はこんなことも知っているし こんなことも知っているという考え方で 可知講師や 渡辺のお兄さんも良く似ておられます。
ただ知っているだけでは もっともつまずきやすい 文鮮明 真の父をつまずかずに 従っている 亨進様や国進様はすごいなーーと感じる今日この頃です。

質問

毎回ブログを読ませていただいてます。いつもわかりやすい内容でありがとうございます。
少し質問があります。fundraissingとは、たぶん日本でいうとFなんですよね。
1986年にアメリカで一人の姉妹が行方不明になったままいまだに発見されてないのですが、その時の責任者がこの金ヒョンテ氏なのですか?
もし差し支えなければ教えてください。
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR