FC2ブログ

TMの本音、お父様原罪論(TMの本音を語れない家庭連合の教会政治の不正直さ)




今の家庭連合の最大の問題点はTMの本音をひたすらに隠してきたことである。

しかし、最近は堂々とその本音を明言する人がでてきた。これは大変評価に値することでしょう。

https://yuun0726.muragon.com/entry/229.html

私の後輩には長の付く者達が沢山いるので、その内の一人に聞いてみたら、


「文先生原罪論は、UCや徳野氏は取っていないないようです。お母様に対する10の批判への反論でそういうこと言っていました。

すでに神は、タマルの胎中聖別の勝利の基台があるので、無原罪のイエスを生み出すことが出来たし、その後も時が熟すれば、いつでもどこにでも神は無原罪のメシアを降臨させる権限があるという話です。

そういう神の権能で朝鮮半島平安北道定州に無原罪のメシアとして文先生を降臨させられたというのです。」


というのです。

家庭連合がTMの本音を出してしまうと、第二、第三の姜賢実女史が続出し、収拾がつかなくなり、連合の崩壊を招く恐れがあるので、『お父様原罪論』については沈黙するというのがpolicyだという。

このpolicyは教会政治としては定番の手法ではあるが、このような不正直であいまいなpolicyは純粋なシック達の魂に極めて不健康なのです。

そのことは色々なかたちで、飛び出てくるのです。H2の所へ飛び出る人もおるし、桜井家の長男のようにH1の所へ飛び出る人もいます。

この度はTMの本音をストレ-トに明言する人も出てくるのです。自分の良心の声にそれぞれの人々が従うことには意義があることで、そこにはそれぞれの言い分があるのです。



なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

原罪

原罪が教祖にあるとかないとかなんて、初期信者には関係ない話でした。

私が
信者でいるときなんて、教祖に原罪があるかないかと問われれば「有る」ってことだったと思います。
当然、鶴子さんにも原罪は「有る」
カルト夫婦のいうことは、何でも通るというのは大間違いでございます。通信媒体が発達した今、誰でも検証できる武器を持ち、真実に近づこうとすれば、偽メシヤ自称メシヤでしかないカルト群というのが理解できる。

調べればおったまげるようなことばかりで、
こんなのに誘導されてたのかって残念です。

もう人生は取り戻せない。
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR