FC2ブログ

原罪について(人類の救済の為にどんな貢献をしたかが神においてはもっと大切なこと)




最近はTMの生まれながらの無原罪説と独生女論が話題になっていますので、「原罪」そのものについて勉強しておく必要があるようです。

講論によれば、原罪とは「人間始祖が犯した霊的堕落と肉的堕落による血統的な罪をいい、この原罪は全ての罪の根となるのである。p121」だという。

それゆえ、アダムの子孫は全員、例外なく原罪を持って生まれたことになります。

しかし、ある36家庭の先生は文鮮明師は原罪なしで生まれたといいます。その理由は、アダムとエバが生まれる以前にも、神は人間を創造していて、その人達は罪を犯さなかったという。

その証拠は聖書に、カインが神にエデンの東に追放される時、”人々がカインの罪を知って、殺すかもしれない”と恐れたので、神はカインの額に印をつけて、保護した、とあることから明らかであるというのです。

この子孫達が韓半島にやって来て、その子孫が文家であるという。天父教という、古代の宗教が韓国にあって、そこに、その善なる、“神と共にいる人”、すなわち堕落しなかった人々のことが書かれているそうです。
 
ここで、大事なことは、アダム・エバ以外にすでに人間がいたことが聖書に書かれていることなのです。

すると、あなた方、アダムの子孫は原罪を持っているかも知れないがこの人達は違うということになります。だから、ユダヤ教は原罪を認めていないのです。

それでは、キリスト教はどうなのでしょうか?キリスト教根本主義者や福音派は原罪を認めていますが、主流のリベラル派は人間には罪があることは認めていますが原罪を認めているわけではありません。

そもそも原罪と言う教義は4世紀に出現したアウグスチヌス(354年生誕、391年司祭)によって構築されたものです。

彼においての原罪は、アダムから遺伝された罪として理解された。その際、両親の性交が罪の遺伝の機会と考えられた。この考えの特質は、罪が実体化されたことと、生物学的装いを施されたことである。

罪は一種の遺伝子のような実態であり、それが性交と言う生物学的過程を通して遺伝される、と言うのです。

この説の難点は:

1.罪と言う人格的ものが遺伝と言う非人格的・生物学的過程に還元されたこと、

2.遺伝概念は罪責としての主体的責任を基礎づけ得ないこと、である。

したがって、原理が説く論理的、実証的、科学的観点からみても、原罪が非人格的・生物学的過程に還元されることを科学的にどのように証明できるかが問題になって来ます。

さらに、遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づけるとどうなるであろうか?

分りやすい例として、韓国兵に強姦されて生まれて来たベトナム女性の子供に罪の責任を問うて良いのかという問題を挙げることが出来るでしょう。

1.子供は敵兵の子供だから敵兵の子供で、しかも強姦は罪なので
罪の子である。

2.子供にも母にも罪はない被害者なので、敵兵の遺伝的責任の概念を子供に負わせてはならない。

UCは果たしてどちらの立場に立つのだろうか?

原罪と言う概念が遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づける限り、UCは1.の立場に立ちます。

2.の立場に立つと、我々、子供達はアダム・エバの被害者になります。なぜなら、自分の意志で罪を犯していないからです。

したがって、個人の人権を重んじる先進国の憲法は何処の国でも親の罪の遺伝概念の主体的罪責を生まれて来た子供に基礎づけてはいないでしょう。

次に問題になるのは、無原罪の現実的価値です。

アダムとエバは無原罪で生まれましたが、立派に堕落してしまいました。統一家の無原罪の子供達も数名を除いて性問題を起こしています。

祝福家庭の二世達も家庭部の調査では6割は堕落していると言われています。

逆に、昔の日本のように、性の解放が未だなされていないイスラムや仏教の発展途上国の有原罪の人々の方が童貞や処女が多く、家庭を守っているのです。

したがって、大切なことは無原罪であろうが無かろうが、現実の実態生活において、

1.神と正しい関係をたもち、

2.人間と人間との正しい関係をたもち、

3.人間と宇宙自然界との正しい関係をたもっている

ことが最も重要なことなのです。

ちなみに、イエスは放蕩息子の話を通して、自分には罪が無いのだと言っている人よりも、たとえ罪を犯してもそれに気がついて、心から悔い改めて神のもとに帰って来る人を親なる神は無条件で受け入れることを説いているのです。

それゆえに、イエスの神観は日韓併合で韓国がソ連や中国に共産化されずに済んだことを忘れて、日本に1000年の恨みを置くとか、誰かさんのように、日本のUC信徒に日韓併合の蕩減を負わせ、何時果てることも知らない献金奴隷制度を制定したりすることを説いてはいないのです。





TMが、アダムとエバが生まれながらの無原罪でも堕落したにも拘らず、無原罪であることに過剰に価値を置いて今更、自分が生まれながらの無原罪の独生女であるとか、TFが16歳で無原罪になったとか、どうでも良いことを持ち出す事よりも、生前中に先ず第一に、堕落した統一家の子供達を復帰し、朴サムエルの恨みを解放し、人類の救済の為にどんな貢献をしたかが神においてはもっと大切なことなのではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6マリア、朴サムエル、etc、なんだかなあ。一般の人にはとうてい受け入れられないカルト的な内容ですよ。これには何か深い意味があるなどと言ってたら頭狂っているとしか思われない。

まるで

原罪があるないなんてのは、
肉食動物が、草食動物になる、、、みたいな。
そんなの関係ねぇ〜!って、とこかな。

調べてみれば、教祖自ら数百マリアかな?!って白状するし、家族はバラバラ、信者は借金漬けで自殺してる人もいるのに、一族は豪邸に住み、資産争い、、、トンデモねぇ〜カルトだよ!

消え失せろカルト!
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR