FC2ブログ

ヤマギシズムコミュニティ見学記(今のUCは韓国を超えることができない)




以前、埼玉県深谷市にあるヤマギシズムコミュニティを見学して来た時のことです。深谷市は渋沢栄一の出身地で有名なところです。シックは総勢10数名が来ていました。

素晴らしかったのは花見と大判振る舞いの大量(無料)のご馳走でした。万民一家族の社会ですから、そこに住んでいる献身者は無所有の一つ財布の一体社会です。

雰囲気がシックとよく似ていますので、昔から知り合いのような親しさで語り合いました。

盛り付けや皿洗いや後片付けなどは来た人達が勝手にやるのです。なるほど、万民一家族の振る舞いでした。

三重県には2000人単位の彼らのユ-トピア社会を形成していますが、ここでは一番多いときで100人くらいでした。このようなユ-トピア社会が全国に散在しています。

時々、モンゴルや中国から研修生が送られ来ますが、この度はモンゴルから10人ぐらい来ていました。

問題はこのような思想と社会が日本から生まれていることです。彼らは欲望から自由になることの喜びを体験することを大切にしています。

彼らには原罪とか無原罪と言うような教義はありませんが原罪が無くなったと誇(?)っているUC信徒より創造本然の生活を営んでいます。

韓国から生まれた原理は韓国人が内容が無くても選民の立場で日本や欧米の教会や信徒を主管しますが、ここでは全く平等で、等しく宇宙の根源から生まれでた(神の)子です。従って、ここでは長という名の付く者は存在せず、役職は00係りです。

韓国生まれのUCは韓国至上主義の反日絶対君主制の献金奴隷制を制定しますが、日本生まれのヤマギシズムではそのようなものは存在しません。

また、UCのように献金が最も重要であるため、献金を多くする人は信仰のある人、人格と心情のある人と言うような評価もしません。

お金が本当に無い人には借金を奨励し、払えない場合は自己破産を勧め、最終的には生活保護者になることまで勧めるしょうな事はしません。

UC・家庭連合はこれを組織的にやらせるので、明らかに犯罪です。そして、これが韓国から生まれた思想の限界なのです。韓国を越えることが出来ないのです。

これに対して、ヤマギシズム、一灯園、武者小路の新しき村などは日本を越えている。従って、選民と言うのなら日本の方がまだ、はるかに国際的で、選民の資質を十分に備えているでしょう。

「八紘一宇」も真の意味においては日本を越えたものだと言う。


ウイキピデア参照:

田中智學による国体研究[編集]

大正期に日蓮宗から在家宗教団体国柱会を興した日蓮主義者・田中智學が「下則弘皇孫養正之心。然後」(正を養うの心を弘め、然る後)という神武天皇の宣言に着眼して「養正の恢弘」という文化的行動が日本国民の使命であると解釈、その結果「掩八紘而為宇」から「八紘一宇」を道徳価値の表現として造語したとされる[14]。

これについては1913年(大正2年)3月11日に発行された同団体の機関紙・国柱新聞「神武天皇の建国」で言及している。田中は1922年(大正11年)出版の『日本国体の研究』に、「人種も風俗もノベラに一つにするというのではない、白人黒人東風西俗色とりどりの天地の文、それは其儘で、国家も領土も民族も人種も、各々その所を得て、各自の特色特徴を発揮し、燦然たる天地の大文を織り成して、中心の一大生命に趨帰する、それが爰にいう統一である。」と述べている[15]。




韓国至上主義の反日絶対君主制で、献金を多くする人は信仰のある人、人格と心情のある人と言うような評価をするような家庭連合は、日本の他の信仰団体よりもはるかに格下ではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一部分でしかない

来客用の接待でしかないですよ。

統一協会・家庭連合も初めての人間に本当のことは言わないし、見せないでしょう・・・。


私も過去記事で少し取り上げましたが、
ヤマギシズムの子供たちは親と一緒には生活いたしません。
親子が切り離されるというのが、基本!
自分のものという感覚は削がれ、下着もあるものを着て・・・
キリがありませんが、現実はヒドイものであるということを伝えておきましょう。


重要な真実を書き足します。

統一教会は朝食断食なんてのがよくありました。その分を献金せよ!ってことでね。
ヤマギシズムの子供たちは、毎日朝食がございません。
朝食抜きなので、給食がすごいことになるらしいですよ。

朝食抜き!朝食抜き!朝食抜き!

内部を知る一般の親たちから流れ流れて私の耳にも入りました。
親も、朝食抜きなんじゃないかと思います。流れてきた話ですから、質問はできませんでしたが、「虐待」でしょう。
それを知りながら学校も教育委員会も入り込むことはしていなかったようです。
「朝食抜きの虐待」を今でもしているのかは分かりませんが、聞いた当時ヤマギシズムは、それが当然の事としていたことは、「真実」です。

他の情報もございますが・・・この辺で終了しておきます。
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR