FC2ブログ

讒訴されない献金とは?(家庭連合の献金の現状と金元弼先生の献金に関する証)




ある時、古参の1800双のシックが久しぶりに私を訪ねて来ました。私は家内の実家がある浦和に1995年に還故郷して、時々、浦和教会に通ったものでした。

その教会の一階には極真空手の道場があり、練習の様子を見学したものでした。当時の悲喜こもごもの思い出話をしているうちに、夫に内緒で多額の献金をして、それが発覚し、悩みぬいた末に首吊り自殺をしてしまった婦人の話が出て来ました。

この人は婦人部長をしていたくらいですから、その教会では良く知られた人でした。私が教会の献金のあり方を批判しましたら、食って掛かって来る程、一途な人でした。

非常に印象的だったので、品川さんはどうしましたか?と教会の婦人達に聞きましたら、急病で死んでしまいました、と口を濁していましたがそれ以上追求しませんでした。

ところが、今日、古参の1800双のシックから、真相を聞かされ、驚きました。自分が時々説教を頼まれて通っていた身近な教会で、献金の為に、自殺者が出るとなると、衝撃が走ります。教会は信徒達を説得して世間に知られないように、必死で隠して来たのです。

問題は自殺まで行かなくても夫にウソをついて献金することがあまりにも多いことです。これを教会が組織的に指導してやらせたとなると、もっと深刻な問題になります。

事実、サタンの讒訴条件がある献金で資産を獲得したり、事業を始めても、上手く行かないのです。時が来たら、サタンにみんな持っていかれてしまうのです。

メシアが過剰な献金ノルマを信徒に課して、そのせいで、家族を騙して献金したり、祝福家庭を破壊したり、自殺者まで出してしまうと、結局、サタンに讒訴されて、メシア家庭までも崩壊するのです。「無理が通れば道理がへこむ」ということわざがいろはカルタの中にありますが、その通りの現実が展開されているのです。

今、教会が三つ巴に分裂しているのは、神が本物の教会を造り直すために、そのように導いているようにも見えます。きっと、そうなのでしょう。讒訴されない献金については金元弼先生の証は参考になるでしょう。

 この証しは、2002年10月27日に新宿教会において、文鮮明師の第一弟子である金元弼(キム ウォンピル)先生が語られた内容を一部抜粋したものです。

◇   ◇   ◇

 「メシヤのためであるなら、あるいは大義があれば、何をやっても許される」という誤った考えを持っている食口(教会員)はいないでしょうか?

 「国のためであれば、個人を苦しめることもありうる」とか、あるいは、「み旨のためであれば、サタンの物は奪って来ても許される」と、考えている人はいないでしょうか?

 「3倍以上、返してあげなければいけない」という真のお父様(文鮮明師)のみ言を、よく考えてみてください。

 うそはうそであり、どろぼうはどろぼうです。ただそれが、戦争などの状況下にあっては、一時的に許される、同情されうる、ということは、ありうるかもしれません。でも、「間違ったことは間違ったことである」と、はっきり知らなければなりません。

 聖書の中にも、うそをついて奪って来た例があります。「サタンがうそをついて奪って行ったので、『蕩減復帰』の原則により、神側もうそをついて奪って来ても、罪にならない」と考えて、行動を正当化する人が、もし、いたとしましょう。

 しかし、それは、うそはうそなのです。ヤコブの時も、うそをつかなかったとするならば、21年の苦役路程はなかったかもしれないのです。

 戦時下で生命が懸かっている時に、人のいない家からお米を持って来ることは、状況的に考えて許されるとしても、それがそのまま善であるとは言えません。それ自体が善なる行為であると言うことはできないのです。それを私たちは、真のお父様のこのみ言と行動を通して、はっきりと理解しておく必要があります。

 「あなたがやったことは赦され、同情されるかもしれない。しかし、善ではない」ということです。ですから、後でこれを3倍以上、返すことによって償うこととなるのです。

 このような出来事を通して、私たちは本当に真のお父様の伝統を学んでいかなければならないということを感ずるのです。

金元弼(キム ウォンピル)先生の証終わり



家庭連合は、たとえノルマがいくら大きくても、うそをついてまで献金をさせるべきではない、それをしたらサタンからの讒訴をうけ最終的に悪の結果をもたらすのではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弟子も何枚も舌がある

最後は、教祖からはなれた立場、
秘書は反対派で講演会をしているようです。
結局は、教祖と同じく大嘘吐きだったというのが真実ですよ。

本物の教会は作り直さなくていいです。早く無くなればいい。
日本にはびこる偽善者韓国人は自分の国へお帰り願いたい。
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR