FC2ブログ

「イエスは妻や子女が絶対に必要であったか?」という命題




「イエスは妻や子女が絶対に必要であったか?」という命題を創造原理の観点から生物学的には人間として妻子、すなわち、家庭は絶対必要です。さもないと、人間と言う種は一代で消え去ります。

しかし、この命題は人類救済という宗教的な観点なのです。

比較宗教の観点から仏教を例に挙げると大変勉強になります。釈尊は家庭を持っていましたが出家して、独り身になり、悟りを開きました。

しかし、釈尊の後継者は弟子たちであって、彼の子供ではありませんでした。仏教を受け入れた国々では、立派な家庭を形成している在家信徒は沢山います。

ブ-タンの国王は立派な仏教徒の家庭を形成していますが、国民も後に続けと言わんばかりに立派な敬虔な家庭を形成しているようです。

これは、教祖である釈尊がたとえ出家して独身になっても、在家信仰の信徒たちは立派な敬虔な家庭を形成することにおいては支障が無い事を意味しています。

同じことは、キリスト教徒にも言えることです。イエスは家庭を持ちませんでしたが、信徒が立派な敬虔なクリスチャン家庭を形成することにおいては支障がありませんでした。

アメリカも1950年代までは、何処の祝福家庭より立派なと言っても良いような家庭を形成していました。

一例を挙げると、私に洗礼を授けてくれた神父の家庭がそうでした。敬虔なクリスチャン家庭であるが故に、生涯独身で暮らす神父を輩出することを誇りに思うのです。

しかし、60年代からはキリスト教の価値観が崩れだし、ヒッピ-が出現し、残念なことですがフリーセックスが横行するようになりました。

だからと言って、アメリカの全ての家庭がそのようになったのではなく、福音派などの敬虔なクリスチャン家庭はいたるところに、特に南部には今なお、健在です。

従って、このことはUC・家庭連合においても言えることでしょう。たとえ、TMが無原罪の独生女論を唱え、統一家の子女達が離婚、不倫、略奪婚や事実婚を展開したとしても、原理の価値観が崩れない限り、祝福家庭は同じ事をするわけではなく、大多数の信徒は敬虔とまでは行かなくても、そこそこ良い家庭を形成していることでしょう。

それでは、アボジが結婚(聖婚)せずにイエスや出家して独身になった釈尊のような生涯を送り、信徒に原罪が許されるという洗礼を授け、結婚という秘蹟(祝福)を授けたら、どうなるのでしょうか?

結果はあまり変わらないと思います。むしろ、その方が子女達が離婚、不倫、略奪婚や事実婚を展開しない分だけ躓きが無いでしょうから、精神衛生においてスッキリすることでしょう。

ここで、最も大事なことは仏教であれ、キリスト教であれ、イスラム教であれ、ヒンズ-教であれ、統一教であれ、どんな宗教であれ、

1.窮極実在(神)と人間との正しい関係、
2.人間と人間との正しい関係、
3.人間と宇宙自然界(万物)との正しい関係

に人間・人類を導けることなのです。

それゆえ、TMのように、自分の子女達が離婚、不倫、略奪婚や事実婚を展開して、真の家庭として、人類の前に何の証しにもなっていないにもかかわらず、自分は、「唯一6000年ぶりに初めて1943年に誕生した独生女が私だ。否定できないだろう。」とか、「神の実体の妻だ」とか、豪語するのは勝手ですが、実態が伴わないと、世界の笑われ者になってしまうでしょう。

顕進氏は、「あなた方韓国人は日本に来て何を指導しょうとするのですか?韓国では全て失敗して来た人々ではないですか。それどころか、韓国そのものが失敗した国ではありませんか。その失敗したパラダイムを持って、韓国人と言うだけで、どうして世界を指導できるというのですか?もっと、謙虚にならなければなりません。あなた方の内容の無い権威主義がいけないのです。」と言ったという。


パウロは、「外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、また、肉に施された外見上の割礼が割礼ではありません。内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく”霊”によって心に施された割礼こそ割礼なのです。」(ロマ:2/28-29)

と言いましたが、血統においても同じことが言えるでしょう。いくら無原罪で肉的には神の血統だ!と言っても内容、すなわ、”霊統”が伴わないとただの内容の無い権威主義に陥るのです。”霊統”とは神の思想を受け継ぎ、上述した1.2.3.の内容を顕現することです。


注:

再臨主のお陰で、原罪がなくなり、「霊肉共の救い」に預かることが出来たので、UCは他のいかなる宗教よりも優れているのだ、と思い込んでいるUC信徒の残念な実態があります。

韓国至上主義の反日献金奴隷制度が制定され、借金献金を勧められ、払えなくなったら、自己破産手続きを進められ、挙句の果てに、生活保護者になることを組織的に推奨されるという。これは明らかに、人間と人間の正しい兄弟関係ではありません。まるで、主人と奴隷のような関係です。

・友人のT氏は「無原罪も同じように、血統転換とか血わけとか祈祷を沢山やって、頑張ったとしても、その結果不倫 麻薬、詐欺まがいの結果となったら何にもなりません。」という。これでは、UCの無原罪論は内容の無い妄信で終わってしまいます。


なにやら、慰安婦像を日本大使館や領事館の前に建てた反日市民団体が今度は同じ場所に、3メ-トルもある徴用像を建てるという。

これに対して、TMもH1もH2も、そして日本の家庭連合すらも反対するわけではないでしょう。黙認は勿論のこと、賛成すらしている信徒もいることでしょう。

だとしますと、この無原罪を主張する人々と団体は日本国民から見れば、危険団体になり、天から見れば、無価値に等しいものとなるでしょう。なぜなら、天は反日を願っているのではなく、日韓一体の親日を願い、創造本然の真の正しい平等な兄弟関係を願っているからです。




原罪が在ろうと無かろうと、

1.窮極実在(神)と人間との正しい関係、
2.人間と人間との正しい関係、
3.人間と宇宙自然界(万物)との正しい関係

に人間・人類を導くことのできる家庭連合に生まれ変わってほしいなと思われた方はクリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR