FC2ブログ

愛の実体とは何か(愛の実体からかけ離れてしまった今のUCの姿)その2




私は己の魂が打ち砕かれ、本当に謙虚になった時に、神が相対してくれました。その時、悟ったことは、神はもの凄く謙虚な方で、万物よりも下にいて、全てを支えているという神体験でした。

類は友を呼ぶといわれるように、人間が謙虚になると、神に似てくるので、相対してくれるのです。従って、愛の実体のその2は己を無にして一番下に置く人格を形成することです。

一般に、原理では、神は絶対主体の立場にいるから、絶対マイナスにになると、神は相対すると説かれています。

しかし、神は絶対マイナスの立場にいるから、絶対主体になれるのです。この世でも、偉い人ほど、頭が低いと言われています。「垂り穂」はその中身が実れば実るほど、稲の穂が垂れるのです。これは神に似た普遍の原理でしょう。

統一家の親子関係は恐らく、これは李王朝時代に形成された朱子学の親子観と言ってよいでしょう。親は子供を生んだ時点で権威をもち、生んで育ててもらった子供たちは親に絶対服従し、自分を犠牲にして忠孝を尽くすことによって、家庭の秩序が保たれ、社会秩序が保たれるという。

TMも似たような感じで女王として君臨しています。とても、ケノ-シス神学(己を無にして一番下に置く神学)を体得しているようには見えません。

どんなに高い位置にいても常に己を一番低い位置に空じている宗教とその教祖は時代を超えて生き残りますが、それが出来ないとその宗教は時代と共に消えて行きます。

すでに、その兆候が家庭連合においては、教祖の妻と娘からその教義否定と言う形で出来ています。



お父様の聖和4周年記念式典の時に久しぶりに姿を見せられた誉進様。その期間に天一国学術苑創立セミナーがあり、そこで誉進様が『原理講論は、家父長的キリスト教と儒教文化の影響で男性中心主義の誤りに陥っている』と言う論文を発表したそうです。
http://damalhae3.blogspot.kr/2016/09/blog-post_68.html


愛の実体とは、100匹の羊がいて、1匹が迷い出たら99匹を残してでもその1匹の為に、探しに行く人格のです。

すでに、み言葉にもありますが、人類の中の一人でも不幸な人がいたら、親なる神は幸せではないのですから、その人と神の痛みを共有できる人格が愛の実体です。

従って、神山氏が韓女史の文師とは真逆の無原罪独生女発言で悩み、問題提起をしたら、真摯に受け止め、共に考え、解決策を模索するのが愛の人格なのです。

それを公開討論もしないで、一方的に除名するのは愛の人格からあまりにも遠いのです。桜井夫人に対する家庭連合の対処の仕方も中世の悪名高い異端審問を想起させます。



愛の実体とは、身体障害者でもないのに、信徒に身体障害者の真似をさせて、物品を売らせないことです。これは、心情蹂躙罪です。

お陰で、良心的な信徒は躓いて、教会を去ってしまいました。霊感商法も詐欺まがいの行為ですから、心情蹂躙であり、愛の人格から程遠い行為です。

また、献金のために信徒に返すといって、借金をさせ、期日が来ても返さないで自己破産に追い込む行為は、愛の実体からあまりにもかけ離れた行為です。

愛の実体とは

1.うそをつかないこと。
2.人を騙さないこと。
3.約束を守ること。
4.信頼を裏切らないこと。
5.脅して弱い者いじめをしないこと。
6.威張と傲慢で信徒を主管しないこと

です。


李氏王朝時代に根付いた儒教の概念によって、変質してしまった家庭連合が、本当の意味で愛の実体と呼べるような組織に変わってほしいなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR