FC2ブログ

英国人ジャーナリストヘンリーストークス氏が語る「世界史の中の日本」




英国人によるこのような発言は、とても説得力があります。一読に価するでしょう。



英国人ジャーナリストヘンリーストークスが語る「世界史の中の日本」

藤田裕行 訳(ハート出版)


1941年日本はアジアで大英帝国を瞬く間に滅亡させてしまった。非白人が白人の植民地支配を覆したのだ。

対日戦争は、わが英国が勝利した戦争ではなかった。日本軍は大英帝国を崩壊させた。英国人は誰一人として、そんなことが現実に起ころうとは、夢にも思っていなかった。

それが現実であると知った時の衝撃と屈辱は想像を絶するものだった。唯一の文明世界であるはずの白人世界で、最大の栄華を極めていた大英帝国が有色人種に滅ぼされるなど、理解することのできない出来事だった。

「猿の惑星」という映画があったが、まさにそれが現実となった衝撃だった。人間(=西洋人)の真似をした猿が、人間の上に立つ。それが現実になったら、どのくらいの衝撃か、想像できよう。それほどの衝撃を英国人に与えたのだ。

いや、英国人だけではない。西洋文明そのものが衝撃を受けた。私は、講演で何度も、この五百年の歴史は、「白人が有色民族を植民地支配した歴史だった」と語ってきた。

その五百年の歴史を覆し、大英帝国を滅ぼしたのが日本であるならば、その意義はもっと大きなスパン、世界文明史のような観点の中で、再定義されてしかるべきだ。

世界史では、様々な王朝や国家が、勃興しては滅亡していった。征服につぐ征服、侵略につぐ侵略が、世界史でもある。

その中で特異な存在として浮かび上がる、日本の姿が私には見て取れる。この国は、その大国の興亡の中で、太古からずっと一つの文明が一つの流れとして、征服されることなく今日まで続いているのだ。

もし日本が大東亜戦争を戦わなかったら、日本も白人の植民地になっていたかもしれない。

もし日本が大東亜戦争を戦わなかったら、アジアはいまだに白人の支配する世界が広がっていたかもしれない。

そう考えてみると、大東亜戦争は「侵略戦争」か否かなどというつまらない議論を超えて、もっと大きな世界文明史的な意義が見いだされよう。

つまり、白人による世界支配を終焉させ、人種平等の世界の実現へと舵を切らせる偉業を果たしたのが大東亜戦争だったということだ。


これから未来に生きる日本の子供たち、まだ生まれていない未来の日本人のために、私はメッセージを伝えたい。

日本は、世界を侵略した犯罪国家ではない。世界を侵略していたのは、この五百年をとれば白人列強諸国だった。

日本はむしろ、その残虐非道な白人の世界侵略を覆した「正義の国」なのである。

それは、白人キリスト教徒の史観からすれば、その支配を覆した悪魔の所業であった。

歴史というのは、その立ち位置で認識が違ってくるものなのだ。日本人が欧米キリスト教徒の史観をだた受け入れる必要はない。

日本は、日本の立場をこそ、世界に向けて発信すべきなのだ。

特にマッカーサーによる占領後七十余年の日本は、連合国戦勝史観で自らを洗脳し、呪縛してきた。

私が今訴えたいのは、「その呪縛から解放されよ」との一点である。世界史の中での日本の来歴と大東亜戦争の意義を、再考しようではないか。

また、世界史を日本の歴史と比較して、再検証してみようではないか。その時にはじめて、今まで日本人も、白人列強の側にいる者も、気づかなかった大東亜戦争の姿を目にすることができるようになる。

日本人が、大東亜戦争を誇りを持って語れる日の到来を祈念して!

以上ストークス氏の話終わり

美しい映像付きで見たい方がこちらをどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=_wDOff6My-s&feature=youtu...



これはまさに正論であり、日本を戦犯国家と決めつける隣国の主張は、歴史と共に消え去っていく愚かな主張ではないかと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本の良さ、素晴らしさを紹介するテレビ番組が増えてきました。またオリンピック、サッカーワールドカップでの日本人のマナーの良さなど、かなり話題になっていました。
ケント、ギルバートさんの本もかなり売れているみたいです。近代史の教育を殆ど受けていないのが現状です。反日組織がマスコミ、芸能界、スポーツ、政治、教育と、ありとあらゆる所で暗躍してきた結果です。宗教もです。私は右翼ではありませんが、もう一度この国の近代史を勉強し直すべきです。特にシックの方達は。

まさにその通り

今回のブログ内容は特に世界の日本人に発信したい内容です

様々な自虐史観の歴史と教育はすでに化けの皮がはがされており
インターネットという自由な通信網で世界を一瞬にして駆け巡る
時代になりました

世界はどんどん進歩発展していっています

UCの様々な問題も原因と結果にもとづいて起きています

UCは自ずと淘汰されるか消滅するかのどちらかでしかありません


Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR