FC2ブログ

ヌンチの文化(日本人の知らない韓国文化の一面)




基元節の時に韓国へ行ってまいりましたが、宿泊の相部屋にある教会の教会長がいまして、日本のUCが破綻寸前まで来ていることを話しながら大変心配していました。

どうやらその元凶は「ヌンチ」にあるそうです。

具体的な例を挙げますと、韓国に留学した日本人学生がゼミで小論文を発表するに際して、先生からその資料を全部コピ-してゼミ参加の学生に配るように言われて、その通りにしたら、先生も学生も驚いたと言う。

「ヌンチ」とは先生が100%やって来いと言うのであるが、頑張った結果、50%出来れば良しとする文化であると言う。ところが、日本の学生がすべての資料を大変苦労してコピ-を取り、しかも全員の学生に行き渡るように配ったので、みんな驚いたと言う。

しかし、それは感心しているが同時に「こいつバカでないか」とも思っているという。この学生はそのような韓国文化を分るのに随分時間が掛かったという。

このことは、アボジのノルマについてもいえることであって、総会長を通して、更には韓国の地区長などを通してノルマの額が課せられる時に、これらの韓国のリーダーたちは各教会が100%を達成するとは初めから思っていないという。

なのに達成すると、期待していた以上にやった分は自分たちの指導のせいでやったのだからその分は自分たちがもらって当然だ、と考えると言う。

そのお金で、家を建てたり、高級車を購入したとしてもなんの良心の呵責も感じないので、日本の信徒から見ると公金横領に見えるのである。

問題なのはこのようなバカ正直な日本人を見ると、益々出させるコツを覚えて、もっと絞れば出るのではないかとすら言い出すという。それゆえ、このような状態を続けると時間の問題で教会の経済は破綻すると言うのです。

かって、アボジは国家メシヤに「パラグアイ川には2000種以上の魚がいるのだよ・・・」と言われ、だから魚を捕るように指示を出していましたが、専門家が調べたら、200種ぐらいだったと言う。このように輪をかけて話す手法は「ヌンチ」文化の一種と見てよいでしょう。

従って、従軍慰安婦16万人の蕩減ノルマも文字通り受け止めると、事実に反するという議論になり喧々諤々になりますが、「ヌンチ」の文化から解釈しますと、ソウル大学のイ ヨンフン教授(大韓民国の物語p163)の言われるただの慰安婦1400人は妥当な見解と言えるでしょう。

ちなみに、摂理を推進するために、我々も何かある目標を達成してもらいたい時は程度の差はありますが、輪を掛けて発破を掛けることがあります。

この世でもスポ-ツ界では優勝して来いとか、メタルを取って来いとか・・・、発破を掛けています。




なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヌンチとは

눈치를 보다(ヌンチルル ポダ・顔色を伺う)」をはじめ、肯定的な意味としては「눈치가 있다(ヌンチガ イッタ・気が効く)」、「눈치가 빠르다(ヌンチガ パルダ・機転が利く、勘がいい)」、否定的な意味では「눈치가 없다(ヌンチガ オッタ・場の空気を読まない)」などがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=-c9BGGk1_bI

蕩減ノルマ

北へ渡った日本人妻(約)6000名の蕩減だとかって、交差祝福させといて、日本人妻信者たちを放り出してる組織!
韓国ヤクザに拉致されて、子宮を切り取られ売春させられていた信者、悪辣組織はいなくなっても捜索願いすら出さない・・・
日本国の外務省に問い合わせたら、捜索願出していない日本人は、現地でいなくなっても日本国は認知できないそうだ。
一緒に拉致された女性は見つかったのか?

悪辣組織よ~。いったい何人行方不明者はいるんだ?

逃げだしてきても、その信者には「祝福は受けられない」と申し渡し迷惑そうにしたそうだ・・・。



韓国や世界の僻地に嫁がせた日本人を救い出せ!

元幹部ならそういう運動しろよ!
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR