FC2ブログ

ユダヤ教、キリスト教、UCのメシア観の違い




『メシアとは「油を注がれた者」の意味であり、聖書には「油を注がれた者」は39人もいます。メシアとは使命であって、存在そのものがメシアではないのです。したがって、メシアであるか否かの問題ではなく、メシアの使命を全う出来たか否かの問題なのです。』という私の発言に対して以下のようなレスが付きました。



誤魔化しに繋がるからその話はしない方が良い!勿論メシア候補者は金日成とか何人かいたと文鮮明教祖も語っていたが、最終的に神に選ばれた再臨主は文鮮明教祖と本人が語っている訳だが、文鮮明教祖は本当にメシアでメシアの使命を全う出来たのだろうか?

血統転換の権能を神により与えられたメシアはイエスキリストが家庭を持てなかったので再臨のメシアを自称する文鮮明教祖だけが人類の救世主(血統転換の権能を持つメシア)として人類の罪を贖う権限を持つ唯一無二の再臨のメシアだと文鮮明教祖自身が言っている訳です。

他の油注がれたメシアは原罪が有るし血統転換の権能も無いので全く立場が違うのです。

ある人のレス終わり


・これに対する師観の解説:

知名度の高い神学校は言うまでもありませんが普通の神学校ではメシア観については機能的メシア論と存在論的メシア論を学ぶものです。

先ず機能的メシア論について解説しましょう。メシアとは存在そのものが神的存在(神の化身)であるから、メシアというのではなく、我々と変わらない人間が神から預言者を通してある使命のために「油を注がれた者」を意味したのです。

それは王の場会もあり(サムエル上24)、祭司の場合(レビ4)、預言者の場合(列王上19)、族長の場合(詩105)や異国の王(イザヤ45)までもメシアと呼んでいます。

旧約聖書の中で見られるこの儀式は39回登場しますが、そのうち29回は王を指しており、特にダビデでとその子孫の王に集中しているのです。

油を注がれた最初の王はサウルでしたが、神の命令に逆らったので、間もなく退けられ、ダビデが王朝の祖となったが、バテシバにうつつを抜かし、夫を死の戦場に送り出して殺してしまう。

その子、ソロモンも800人以上の側め、はしためを抱え、堕落してしまい、彼の失政によって王国は南ユダと北イスラエルに分裂します。

したがって、ユダヤ・イスラエル人の中には油を注がれた輩(メシア)には”ろくな者”がいないという人が少なくはない。

余談になりますが、これは他人事ではなく、文教主をメシアとして仰ぐ旧UC・家庭連合にも当てはまることであって、社会から反社会的団体(カルト)の汚名を着せられ、それが今なお社会に定着しています。

だが、話を元に戻しますと、南王国のユダはダビデを理想化してその王族の永続を願い、危機に当たっては彼の再来を待望するようになったのです。

それでは、メシアの使命は旧約時代に人々、すなわちイスラエル民族にとって何であったのであろうか。

それは神を冒涜する人々をこの地上から一掃し、神の支配(神の国)をこの地上にもたらし、神の民であるイスラエルを敵から守り導くことであった。このようにメシアとは使命のことであり、それが本来のメシアの意味なのです。

ところが、新約時代になるとメシアの使命が変わってくるのです。

ユダヤ教では罪及び贖いをメシアと結びつけることはしませんが、イエス・キリストは多くの人の罪の贖いとして自分の命を与えた苦難のメシアであり、そのことを通して万民の贖罪者である(マタ20:28)というのです。

結果として、イエスは十字架の死で彼の使命を全うしましたので、その使命完遂の勝利の証が復活だというのです。これがクリスチャンの見解であり、信仰なのです。

これに対して、原理はイエスの勝利は霊的勝利に留まり、肉的勝利は未完であり、失敗であったと説くのです。

なぜなら、イエスの本来の使命はアダムがなしえなかった創造本然の神の家庭を築き、それを拡大して地上に天国を築くことであったからであるという。

ここで大切なことはイエスは失敗したから偽メシアだったとは言っていないことです。使命を失敗するということと偽メシアであるということは別問題なのです。

旧約時代のメシアたちを見れば分かるように使命の種類の違いはありますが、彼らの使命を失敗したメシアは沢山いますが、だからといって、偽メシアではないのです。ただ、失敗しただけです。

この問題は文教主にも当てはまる問題なのです。アダムやイエスに代わって創造本然の家庭を復帰し、地上天国を築けたのかといえば、家庭においては離婚、不倫、略奪婚、事実婚など、挙げれば切りがない。

また妻である韓夫人と不和、確執は隠しようがないでしょう。ヨスにおける摂理に参加した女性たちの証言によると、異口同音に文教主の韓夫人に対する痛烈な批判をどう受け止めてよいか戸惑ったという。

とにかく現在のUC・家庭連合の実態は三分裂し、霊的宗教戦争をしている状態なのです。このような実態を第三者は見ると、明らかに失敗と見なすでしょう。

問題はだからと言って、文教主が偽メシアにはならないのです。

原罪のないアダムもイエスも失敗しましたが、だからといって偽アダム、偽キリストにはならないのです。

その決め手となる問題は、文教主は16歳の時にイエスから再臨の使命を本当に託されたかどうかなのです。これは第三者が証明する術がないので、信じる人と信じない人に分かれてしまうのです。


注1:4世紀頃になるとイエスは使命においてメシアなのか(機能的メシア論)、存在そのものが神的存在(存在論的メシア論)なのかが拮抗していましたが、しだいに存在論的メシア論に傾斜して行くのです。

しまいには、父なる神、子なる神、聖霊なる神というような三位一体論が教義となり、イエスは子なる神が人間が衣服をまとうように、人間の体をまとって受肉という解釈になるのです。

このようなメシア観の観点から文教主をイエスの再臨として受け止めてしまうと、実態があまりにも違うので、文教主を偽メシアとして断定してしまう人々が出てくるでしょう。

しかし、メシアを使命として理解すのなら、文師を含めて7人とか12人のメシア候補が存在しても問題はないのです。

神は過去の失敗から鑑みてこの度は複数のメシアを用意したかも知りません。

「新潮45」2014:9月号に掲載された「韓国はキリスト教カルト天国」(ペ・ヨンホン著)によれば、韓国には再臨のイエスを名乗る人は50人もいるという。全員が勝手にメシアを自称しているのか、霊界から啓示を受けた人もいるのかは定かではありません。


注2:文師は神学者の質問に、

「メシアとは、思いを尽くし、心を尽くし、魂を尽くして地上に神のみ旨をなそうとする人のことを言う。私もメシアになろうとしているし、あなたもメシアにならなくてはならない」

と答えた話は有名です。

問題はこれは本気で言っているのか、誤魔化しかどうかです。

なぜなら、「血統転換の権能を神により与えられたメシアはイエスキリストが家庭を持てなかったので再臨のメシアを自称する文鮮明教祖だけが人類の救世主(血統転換の権能を持つメシア)として人類の罪を贖う権限を持つ唯一無二の再臨のメシアだと文鮮明教祖自身が言っているから」というコメントの内容も事実であるからです。


答えは簡単でどちらも本人がそうのように思ったのでしょう。しかし、実際に後者の主張を実験(実践)をしてみると、実を見れば木が分かるような創造本然の家庭から遠い実態と天国の代わりに韓国至上主義の搾取構造と借金献金地獄が出来ましたので、前者の方がはるかにましだということになるでしょう。


注3:「他の油注がれたメシアは原罪が有るし血統転換の権能も無いので全く立場が違うのです。」に対してですが、

39人の他のメシアたちは原罪がないのです。なぜなら、ユダヤ教には原罪論は初めからないのです。

旧約のメシアたちの使命は神の支配(神の国)を地上に築くことなのです。神の支配とは、今までの自己に対する主人は自分でしたが、そのような自己中心の自分を神に明け渡すことです。

キリスト教的に言い直すと、born again(新生)なのです。自己否定して新生復活することです。そして神によって支配された人たちが築く社会、国家が神の国なのです。

イスラエルのキブツはその一つのモデルでしょう。ちなみに、イエスは福音書で人間に原罪があることなどは一言も言ってはいないのです。

もし、そのような箇所があってらお知らせください。原罪がキリスト教の教義になったのは4世紀のアウグスチヌスからです。

聖書批評学を主流にしたプロテスタント系やギリシャ正教も原罪の教義はありません。無原罪のアダムが堕落したり、無原罪の統一家の子供たちが堕落しますので、原罪の有無はあまり意味がないのでないに等しいのです。



なかなか興味深い話だったなと思われた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
日本ブログ村ランキングを見る!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

原罪

「マムシの子らよ」というのは原罪があると言う事でしょうね。
サタンの子、サタンの血統。これが原罪。

神様はペアシステムの一点から

神様は、原理を通して復帰摂理を成されます。アダムは一人しか送りませんでした。ですから、複数のアダムを送るという原理がありません。

もし、複数のアダム(メシヤ)を送ることが可能ならば、全人類分のメシヤを送れば容易に天国を作ることが可能になります。

マシア

「歴史上数多くの先祖達が現れては消えていきましたが、神様のみ旨に沿って責任を果たそうとした者はいつも完成を見ることができませんでした。
それゆえ、神様は個人、家庭、民族、国家、世界を代表して勝利したと言う基準を一度に備えて、サタンの前に堂々たる権威を持って現れることのできる1人の世界的代表を送ると言う約束をされました。その方がまさしくメシアなのです。
それゆえ、終末とは一つの時代が終わり、新しい一つの時代が始まる事を言うのです。」

キリストはまた来ると言われた。
クリスチャンは今は終末で聖書に書かれていることがことごとく起こっていて再臨主はもう来ると言っている。
メシアと名乗る者は多いかも知れないが、完結完了完成を宣言した方は1人(1組)しかおるまい。
メシア1人では地上天国は作れない。人々が従順に従ってこそ地上天国は完成する。イエスは国を治める王として来られたのではないか。

最後の祈祷は捏造

お父様の完結完了完成と祈った最後の祈祷を未だに信じる人がいるけれど、一貫して祈った祈祷ではなく、継ぎはぎだらけの祈祷であることが証明されています。

どんなに繕っても真実は暴かれる時代になりました。嘘を言う教会に魂を活かす力はありません。

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/gildong/entry-11568558227.html

事実

文総裁は個人、家庭、民族、国家、世界を代表して勝利したと言う基準を一度に備えて、サタンの前に堂々たる権威を持って現れることのできる1人であり、人類の真の父母として全てを勝利したと神様と世界の前に宣言した事は事実である。

宗教が組織化で必ず利害関係はできる

大嘘が元の文鮮明教は、混淫教流れの組織内では、大した責任は任されていなかった。これを不服として、下半身の関係でメシヤになったと定義して、韓国では血分けつながりで問題を起こしてきた。
そして、日本に渡るときには、極力血分けは隠しつつ・・・でも、準強姦の犠牲になった日本女性信者もいて、信仰とは名ばかりの血分け教義を信じた人間も多く、孝進の種を求めた幹部女性もいたようだ。
(純強姦と考えるか恵みと考えるのかは自由)

隠してないで~正直にすべてを訂正し直して、何人この宗教に残るでしょうか。

まずは、最初にあのデカイ博物館の母親が髪の毛で編んだとされているところを、捨てた女性信者が教祖に送ったものだと訂正するべきね。母親は、興南刑務所には行っていないと思われるけど、本当のところを伝えるべきだと思います。

ついでに、イエスからの啓示も状況的に嘘なので、それも嘘でしたってことで公表したらいいでしょう。せめて、文鮮明は生きているうちに明らかにするべきでした。
晩年、ジャルジンでは「数百マリアかな・・・」とすっとぼけて、白状しているから女食べ放題だったことはあきらかなようでございます。


女引っ掛けた数って、自慢したいもののようで、黙っていられなかった文鮮明なのでしょう。すけこまし教祖なのです。

迫害を通して神自体が否定圏をつくる

悪は滅び善が栄えるのが世の道理であり、天の法です。泥まみれになっても、純粋で真実の心を失わなければ絶対に滅びません。手錠をかけられていく時、通り過ぎる女性たちが私を流し目で見て、顔をしかめました。いん乱の似非(えせ)教祖だから、見るのもおぞましいという表情でした。しかし、私は怯(おび)えることもなく、恥だとも思いませんでした。彼らが汚い言葉で私と教会を罵っても、私は決して動揺しませんでした。

『平和を愛する世界人として』(153頁)より

超サイコパス文鮮明

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-665.html
文鮮明は性的異常者としか思えない。

>『私は統一教会の信仰を持っていて、1ヶ月程前に再臨のメシヤである文鮮明夫妻から祝福を受けた。そして幸運にも代表家庭の3家庭に選ばれるという栄光を賜った。(その代表の3家庭に選ばれた女性は)祝福後、主人と決められた男性と夫婦関係を持つ前に、文鮮明先生と3人同室で性関係を持った。21日間は、そのような期間でその期間が過ぎたから、相手の男性が住んでいる日本に行く準備を今しているところだ。そのような特別な恵みを受けられた事を栄光だと思っている』
と」

> 文鮮明氏が関係を持った女性が、6マリア、60マリア、それ以上かもしれないという情報は知ってはいましたが、身近な人から直接、聞くと、ショックであると同時に、やはり、そういう事実が実際にあったんだなあ…と再確認した次第です。


文鮮明って、性的異常者!
ウソを付き続ける舌が何枚あるんだろうね。

パズルをどうつなげるのかは、あなた次第です。

偽証

どちらが嘘つきかは明白である。
どうしてそこまでの嘘をつき人を貶めるのか不思議である。

呆れかえります

このように、「6マリヤ」や「血分け」という批判とは違って、お父様は、軽々しく女性の手さえも握ってこなかったと語っておられるのです。これらの一連の御言で分かるように、真のお父様ほど“純潔”を重要視され、“貞操”を生命視してこられたかたはいません。

https://holyfamilynutley.net/6mariahasonnzaisinai.htmlより抜粋

六マリアの大嘘は既に常識化しております。

「サタンはいかなる神でしょうか。イン乱の神です。そしてサタンは終末に神様を否定し、神様の教会を否定し、神様の家庭的伝統を否定するのです。」創造理想と男女の愛p533

メシアに拘る者はそれゆえに滅ぶ

>血統転換の権能を持つメシア

100%いや、200%妄想です。
アウグスチヌスからきてますか?
そうなら、生物学的な話になりますよね、

ハリーポッターの純血、混血と同じになります。
これは魔の作り話です。
これを信じますか?
文鮮明は本当に信じてたかどうかは知らないけれど、お金に執着し、名誉に執着し、魔の妄想に執着し、性に執着し、欲、権限、名誉に執着した。
ここにコメントしてる大部分の人は文鮮明の金もってこいと喚き散らしてたビデオを見てないと思う、明らかに精神を患っていた。
メシアという言葉に振り回され、物を見極める目を無くした集団には自滅しかない。
宗教人だけじゃないけど。

悪は滅び、善は栄える

文鮮明はメシアであり、家庭連合は必ず栄え、聖書に予言された不滅の神の王国を必ず創建するから、見ていたら良いですよ。

文鮮明の話は様々な影響を受け過ぎた人間の無知蒙昧なただの幼稚な妄想

大天使ミカエル=ルシファー(サタン)だったらどうしますか?
霊的様相など何もわからない人間があれこれ思っても考えても無駄です。
自分が自分にやられるだけです。
囚われの身に未来はないです。

文鮮明の話は全て聖書に根拠が見出される論理的な話

自分が自分にやられる事はないし、囚われる事もない。

霊界の話は、沢山あるし、それを総合するとある程度見えない人でも推測出来る。

ミカエルがルシファーということもない。全て聖書に書いてあるし、現に悪魔崇拝者はルシファーを神と崇めている。


>余談になりますが、これは他人事ではなく、文教主をメシアとして仰ぐ旧UC・家庭連合にも当てはまることであって、社会から反社会的団体(カルト)の汚名を着せられ、それが今なお社会に定着しています<

統一教会は社会から反社会的団体(カルト)の汚名を着せられる様な事を文鮮明教祖の命令で日本で懲りずにやり続けたから当然なのです!イエスの時代とは全く違う!"親泣かせ原理運動"と呼ばれる位家族から子供を強引に奪い引き裂く洗脳調教集団飼育から偽り詐欺募金活動!詐欺霊感商法による統一教会の組織的犯罪!日本の政治を暗部から操ろうとする陰謀!マネーロンダリング!その他多数の不法行為や違法行為を日本統一教会は文鮮明教祖の命令でやって来た!

統一教会信者も皆知っている!朝鮮のカルトらしく、悪党の韓国人の手を染めずに、日本人を上手く騙し洗脳し蕩減復帰教義を悪用して文鮮明教祖のハッタリに乗せられて犯罪に手を染まらせて来た!それが今なお社会に定着している=当然の報いで有り当たり前だ!

ただ、今は時代、現代は科学も文化も進んでいます。2000年〜3000年前のイスラエルとは違うのです!朝鮮人と雖も其れなりに態度、礼儀、振る舞いは猿よりは学習して来ているのです。ましてや朝鮮人が神の選民で文鮮明教祖が人類の再臨のメシアなら神が真の家庭が堕落したり最終メシアの為の摂理が失敗しない様に備えない訳がありません!(原理講論)

……再臨メシア文鮮明教祖は日本帝国主義時代と言う恵まれた環境で生まれ、朝鮮人にとってかって無かった恵まれた自由な環境で反日教育や独立運動の影響を受け育ったのです!その上に再臨主が殺されない様に、民主主義世界を作り民主主義陣営で再臨主文鮮明教祖が活動出来る様にした!(原理)

私も統一教会に洗脳されていた時は歴史の同時性から考えて再臨主の終末時代も社会から反社会的団体(カルト)の汚名を着せられ迫害される可能性は有ると思っていたから当時は蹟きませんでした!……しかし、イエスの時代は犯罪行為はしていない。イエスが自分を"神の子"と言った事や"イエスの治癒能力の役事"の為に病人が集まったりイエスの言葉に力が有り希望を抱き多くの人集まり伝道された!……寧ろ私はまだ創価学会の方がイエスの役事に近い様な気がする!

幾ら恨日精神に満ち溢れてる朝鮮人メシア文鮮明教祖と言え、"怨讐を愛する"と言うイエスキリストの精神は相続して統一原理の"蕩減復帰詐欺目的騙し解釈"で日本国で日本人を使って集団的犯罪組織(統一教会)にして欲しくなかった!(シッカリ弁償して朝鮮詐欺カルト統一教会グループは日本で潰すべきで、統一教会朝鮮人は朝鮮半島に強制送還すべき!)

朝鮮人詐欺師古田元男を日本盗偽狂会(日本統一教会)のトップに立たせ、集団詐欺集金組織を作り「朝鮮人メシアの命令だ!どの国の法律よりもメシアの命令は最高級に権威ある天法だ!その上に我々朝鮮カルト日本盗偽狂会(統一教会)兄弟姉妹"横断歩道皆んなで渡れば怖くない"朝鮮人詐欺師コマンダー古田元男を中心に中心性と一体化して詐欺集金集団犯罪組織を80年代上手く機能させた!

若い1番大切な時期に献身させられ、日本社会から逸脱させられ、何のまともな社会人としての教育もさせず、手当ても保障もせず、ただただ詐欺集金奴隷にして日本で反社会的活動はさせた事は今に成って思えば"朝鮮人偽メシアの詐欺集金偽教義による偽摂理摂理"によって日本人信者がただただ騙され利用されて来ただけだった!

……話がズレました!失礼!

しかし、再臨主文鮮明時代は完成期ですから絶対的に勝利しなければならないのです!再臨主文鮮明教祖の言葉です。再臨主文鮮明教祖の言葉は神なのです!=聖書

>それでは、メシアの使命は旧約時代に人々、すなわちイスラエル民族にとって何であったのであろうか。それは神を冒涜する人々をこの地上から一掃し、神の支配(神の国)をこの地上にもたらし、神の民であるイスラエルを敵から守り導くことであった。このようにメシアとは使命のことであり、それが本来のメシアの意味なのです<

旧約時代のメシアの使命は"イスラエルの神"を冒涜する人々をこの地上から一掃し、"イスラエル神の支配"("イスラエルの神の国")を"カナンエリア"にもたらしイスラエルの神の民であるユダヤ民族を敵から守り導く"イスラエルの神に対する信仰と愛を持ち武力と知力に優れた王"に成る事。

>ところが、新約時代になるとメシアの使命が変わってくるのです<

そもそもイエス以前の"油注がれた王"達は民族や国を治める王に過ぎません。人類救済の目的を持つ王では最初から無かった!

>ユダヤ教では罪及び贖いをメシアと結びつけることはしませんが、イエス・キリストは多くの人の罪の贖いとして自分の命を与えた苦難のメシアであり、そのことを通して万民の贖罪者である(マタ20:28)というのです。<

そう思います。

>イエスは十字架の死で彼の使命を全うしましたので、その使命完遂の勝利の証が復活だというのです。これがクリスチャンの見解であり、信仰なのです<

そう思います!

>これに対して、原理はイエスの勝利は霊的勝利に留まり、肉的勝利は未完で終わったとしています。なぜなら、イエスの本来の使命はアダムがなしえなかった創造本然の神の家庭を築き、それを拡大して地上に天国を築くことであったからです<

そう思ってました!

>ここで大切なことはイエスは失敗したから偽メシアだったとは言っていないことです。使命を失敗するということと偽メシアであるということは別問題なのです<

その通りだと思います!

>旧約時代のメシアたちを見れば分かるように使命の種類の違いはありますが、彼らの使命を失敗したメシアは沢山いますが、だからといって、偽メシアではないのです。ただ、失敗しただけです<

旧約時代に"油注がれた者"は王や祭祀や預言者。新約はイエスやキリスト信者も神によって聖別され油そそがれた者と有ります。

文鮮明教祖が言う人類救済のメシアはイエスキリストと朝鮮人のオッチャンの文鮮明教祖だけです!貴方が言っている旧約時代の他の油注がれたメシアはユダヤ民族を裁いたり激励したり、ユダヤ国家と人民を守り発展させる為のメシアなのです!

朝鮮詐欺カルト統一教会の教義ではメシアはイエスと文鮮明氏としか言って無い訳で、貴方が"メシアを大量発生"させる目的は"文鮮明家庭=マコトの家庭の血統"を守りたいが為だと思う!

何たって文鮮明韓鶴子家庭は普通一般家庭より酷いグチャグチャ分裂憎み合い家庭に成っている訳だから!

マコトの子女の家庭は世界のシュクフク家庭の模範家庭(モデル家庭)としてシュクフク家庭はマコトの子女の家庭を模範として相続しなければならない!と言ったのは文鮮明教祖自身だから!

"朝鮮混淫派カルト教祖文鮮明韓鶴子家庭の血統を継続化"させる為に日本人信者を更に騙し、誤魔化すやり方は良くないと思う。

文鮮明教祖も自分を血統転換された原罪無き世界広しと雖も人類で唯一無二の神の子と信じ(妄信)していたのだと私は思う!

自分の血統を信じているが故に自分からは原理軌道から余程の事が無ければ外れない素晴らしい神の子に成長してその子供達がシュクフク家庭を指導し、地上天国を創ってくれるに違い無いと信じていたから文鮮明教祖のマコトの子女達に対する昔のミコトバが有ったと思う、かってマコトの子女の完璧性を話していた!

マコトの子女達の問題が出てき始めてから文鮮明教祖の話も昔と少しづつ変わって来たと思う。

因みに韓国の777のガキデカ牧会者と言う人が私の朝鮮人相対者に対して済州島で祈っていたら"天から祝福が降りると共に啓示を受けて油注いだ"そうです!そして相対者に将来に備える様に準備させて来たそうです!……朝鮮人相対者が言うにはガキデカ牧会者は神から啓示を受けイエスとも会話する啓示で動く先生。……ガキデカ牧会者曰く、私の朝鮮人相対者程霊人体の綺麗な人はそうはいない。
これからガキデカ牧会者の再臨協助による朝鮮人相対者の大役事が始まる!楽しみ!笑

>この問題は文教主にも当てはまる問題なのです。アダムやイエスに代わって創造本然の家庭を復帰し、地上天国を築けたのかといえば、家庭においては離婚、不倫、略奪婚、事実婚など、挙げれば切りがない<

文鮮明教祖が本当に神の血統に転換する権能を神から頂いた再臨のメシアなら、金集めの為に日本人信者を利用して日本全土で詐欺ボッタクリ金集めする事無く!エホバの証人の様に伝道だけに力を注ぎ血統転換に集中して2世3世を愛し教育してシッカリ育てる事に集中すれば統一教会は犯罪カルト団体の汚名も着る事無く、シュクフク家庭もマトモな家庭生活してマトモな家庭に成り、盗偽詐欺教会(統一教会)から脱会する信者も少なく、遥かに統一教会は発展したと思う!

恨憎反日文鮮明教祖が日本人信者に何を命令して何をさせて来た?そして日本人現元反統一教会シュクフク家庭信者達の人生を振り回してどう成った?……更には文鮮明教祖が本物の再臨主なら、歴史の同時性から統一教会信者は聖霊に満たされて燃える様な伝道の情熱が湧き上がり、イエスの死後の様にペンテコスが起きて多くの人が伝道されて大勢力に成る筈だが!……如何に??

そして統一運動はますます世界に広がる筈だが、如何に??

日本統一教会、伝道活動頑張っている??
日本統一教会信者、社会で堂々と統一教会信者と明かしてやっている!……90年代私は社会に明かして仕事していたが、今は恥ずかしい馬鹿な事をしたと思っている!

文鮮明教祖は自身を再臨主と言っています!(ついでに鶴子は己を神とさえ言っている)
第3次完成数の神の子は勝利は約束されていると原理に有ります。……朝鮮人の人間性らしく、これまで通り詐欺教義の上に更に誤魔化し騙して公職者の自己保身の為に日本人信者を騙し続けるのが目的でやっているなら日本人信者は可哀想だな!

>また妻である韓夫人と不和、確執は隠しようがないでしょう。ヨスにおける摂理に参加した女性たちの証言によると、異口同音に文教主の韓夫人に対する痛烈な批判をどう受け止めてよいか戸惑ったという<

自称再臨主文鮮明教祖自身が第3番目(完成数)の妻の韓鶴子さんは完成した!人類の永遠の真の母と成った!と宣言した訳です。(笑)

そしてメデタク完成した永遠の人類の真の父母=天地人真の父母宣言を自称再臨主の文鮮明教祖と韓鶴子独生女は世界人類(笑)に宣布した訳です!(=神の直接主管圏にいるのです!→韓鶴子の堕落は有り得ないのです!)

神の直接主管圏にいる筈の文鮮明教祖か韓鶴子氏のどちらかが堕落するという事は有り得ない事なのです(原理講論と文鮮明教祖の言葉)。もし韓鶴子さんが堕落したなら、最初から人類の創造主の神と関係無い神=朝鮮混淫派カルトの神のメシア達の中の1カップルの真の父母が文鮮明教祖と韓鶴子さんと言う事です。

文鮮明教祖が昔語った事だが、真の子女は神と霊人とも会話出来ると!そして真の子女の家庭が祝福家庭の模範(モデル)家庭と成り、13人?の真の子女達が世界を分割したトップ責任者と成り二世を率いて地上天国を築くと!文鮮明教祖自身が言っている訳です(爆笑)……文鮮明教祖も真の子女達が堕落し始めると微妙に言葉が変わって来る!

堕落した真の子女の救いは一般シュクフク家庭の信者とは全く違い早いとか言い出して来る始末!笑

>とにかく現在のUC・家庭連合の実態は三分裂し、霊的宗教戦争をしている状態なのです。このような実態を第三者は見ると、明らかに失敗と見なすでしょう<

失敗と言うか、朝鮮人のカルト組織らしく成るべくして成ったのだと思う。

>問題はだからと言って、文教主が偽メシアにはならないのです<

聖書に"言葉は神"と有り、文鮮明教祖が本物の神のメシアなら文鮮明教祖の出す言葉は神の言葉だから、言葉と結果の実態が違ったらアウト!です。……結局は聖書の"毒麦"=サタンの仕業だった!と言う事です。

>原罪のないアダムもイエスも失敗しましたが、だからといって偽アダム、偽キリストにはならないのです<

再臨のメシアは何の為に地上に再臨しますか?原理講論に何と有りますか?第3番目は完成数で絶対に勝利する為に来るのです!我々は青春時代に自分の人生を捨て献身した勇気は何故??

>その決め手となる問題は、文教主は16歳の時にイエスから再臨の使命を本当に託されたかどうかなのです。これは第三者が証明する術がないので、信じる人と信じない人に分かれてしまうのです<

上記は然程問題では無いと私は思う。その様な人間(その様に思い込んだ人間)は何人もいると思う。……私が共に歩んだガキデカ牧会者もそういう人でした。笑

>4世紀頃になるとイエスは使命においてメシアなのか(機能的メシア論)、存在そのものが神的存在(存在論的メシア論)なのかが拮抗していましたが、しだいに存在論的メシア論に傾斜して行くのです<

そら良かったね!

>しまいには、父なる神、子なる神、聖霊なる神というような三位一体論が教義となり、イエスは子なる神が人間が衣服をまとうように、人間の体をまとって受肉という解釈になるのです<

そう!

>このようなメシア観の観点から文教主をイエスの再臨として受け止めてしまうと実態があまりにも違うので、文教主を偽メシアとして断定してしまう人々が出てくるでしょう<

昔からそうだった!とくにキリスト既成教会の殆どの人達がそうだったと思うし、今なら尚更キリスト既成教会から盗偽狂会に来る馬鹿はいないと思います。実際、韓国と日本で統一原理を聞いても統一教会の信者に成る人は僅か。更には統一教会は集金詐欺団体だし、その事を一般の日本人も知る様に成ったし、人類のモデル家庭のマコトの家庭が分裂していがみあっているし、統一教会シュクフク家庭の多くが貧乏で哀れな不幸な生活しているし、日本で文鮮明教祖を偽りメシア確定!を押さなければどうなる!……朝鮮人と朝鮮カルトを日本から追い出せ!!

>しかし、メシアを使命として理解すのなら、文師を含めて7人とか12人のメシア候補が存在しても問題はないのです<

前に言った様にイエスの前迄の油注がれた王はあくまでもイスラエル(ユダヤ)の国家的次元迄のメシア!イエス以降文鮮明教祖迄には幾人かのメシア候補者は存在していても問題無いし、文鮮明教祖も自分の時代にも何人かのメシア候補者がいたと言っているから間違い無いでしょう!

>神は過去の失敗から鑑みてこの度は複数のメシアを用意したかも知りません<

私は本来は文鮮明教祖と韓鶴子独生女さんの家庭の真の子女達全てが人類救済の血統転換出来るメシアと思っていました!……しかし、亨進がメシアは文鮮明教祖1人と言っていたのには驚いたし、更には自分達で祝福し始めたのに更に驚いた!更に文鮮明教祖が勝利した人類の真の母と宣布した韓鶴子真の母を罵り、韓鶴子真の母の代わりに故文鮮明教祖と姜賢賓氏を結婚させ、姜賢賓氏を真の母にした事にはブッタマゲタ!…流石、朝鮮混淫派カルト一派の統一教会朝鮮人教祖の息子だと思った!

>「新潮45」2014:9月号に掲載された「韓国はキリスト教カルト天国」(ペ・ヨンホン著)によれば、韓国には再臨のイエスを名乗る人は50人もいるという。全員が勝手にメシアを自称しているのか、霊界から啓示を受けた人もいるのかは定かではありません<

殆ど啓示という妄想や幻想を受けているでしょう。

>注2:文師は神学者の質問に、
「メシアとは、思いを尽くし、心を尽くし、魂を尽くして地上に神のみ旨をなそうとする人のことを言う。私もメシアになろうとしているし、あなたもメシアにならなくてはならない」と答えた話は有名です。問題はこれは本気で言っているのか、誤魔化しかどうかです。<

文鮮明教祖が言っている意味は聖書を学びキリストの精神を持って生きる人は皆神の御旨の為に生きるべきで、ただ、氏族的メシア、地域的メシア、民族国家的メシア、世界的メシアなどそれぞれに役割分担が有る!と言っている訳でしょう。

>「血統転換の権能を神により与えられたメシアはイエスキリストが家庭を持てなかったので再臨のメシアを自称する文鮮明教祖だけが人類の救世主(血統転換の権能を持つメシア)として人類の罪を贖う権限を持つ唯一無二の再臨のメシアだと文鮮明教祖自身が言っているから」というコメントの内容も事実であるからです<

上記の権能を持つのは再臨主文鮮明教祖とその直接の血統の子孫だと私は信者の時は思っていましたが、今は神からの血統転換の権能は文鮮明教祖も韓鶴子もその子供達も持っていないと思っています。


>答えは簡単でどちらも本人がそうのように思ったのでしょう。しかし、実際に後者の主張を実験(実践)をしてみると、実を見れば木が分かるような創造本然の家庭から遠い実態と天国の代わりに韓国至上主義の搾取構造と借金献金地獄が出来ましたので、前者の方がはるかにましだということになるでしょう<

答えは簡単です!文鮮明教祖がどっちの事を言っているのかは文鮮明教祖の過去のミコトバ集を読めば明らかなのです!


>注3:「他の油注がれたメシアは原罪が有るし血統転換の権能も無いので全く立場が違うのです。」に対してですが39人の他のメシアたちは原罪がないのです。なぜなら、ユダヤ教には原罪論は初めからないのです<

ユダヤ教には原罪と言う言葉は無かったが原罪と闘う為に律法という厳しい戒律が有った!イエスは罪は原罪から来ていると明らかにした!朝鮮混淫派(統一教会文鮮明教祖含)は原罪を大問題にしているのです!

>旧約のメシアたちの使命は神の支配(神の国)を地上に築くことなのです。神の支配とは、今までの自己に対する主人は自分でしたが、そのような自己中心の自分を神に明け渡すことです<

旧約のメシア達の使命はユダヤの神の支配(ユダヤの神の国)を築き律法遵守の民と国を築く事でした。ユダヤの王を中心にユダヤの律法(神の律法)に支配された国を創るり治める事でした。


>キリスト教的に言い直すと、born again(新生)なのです。自己否定して新生復活することです。そして神によって支配された人たちが築く社会、国家が神の国なのです<

ユダヤの民族神(アブラハム、イサク、ヤコブの神)を讃え律法の戒律に支配された人達が築く社会、国家がユダヤ民族の神の国なのです。

統一教会は自己否定させて日本人としてのアイデンティティや自我を崩しながら様々な罪意識を植え付け、特に悪日捏造歴史教育をして、朝鮮人に対して民族的加害妄想贖罪意識を強力に植え付け洗脳する事で詐欺蕩減復帰狂義を利用して日本人信者に詐欺募金や詐欺霊感商法によるボッタクリ詐欺集金をさせて、それが日本国と日本人の救いと騙して来たのです。そして盗偽幻理の蕩減復帰御花畑カルト脳に珍生復活(精神疾患)させたのです!そして朝鮮混淫派盗偽狂会カルトの神によって支配された人達が築く井の中の蛙社会が朝鮮カルトの神の国なのです。

>イスラエルのキブツはその一つのモデルでしょう。ちなみに、イエスは福音書で人間に原罪があることなどは一言も言ってはいないのです<

①「人から出るもの、これが、人を汚すのです。 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、 これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。 」(マルコの福音書7:20~23)

①イエス時代は原罪と言う言葉が無かったからイエスは使わなかっただけで上記は原罪のことを言っているのです!上記は人間=(堕落人間)は生まれた時から罪=(原罪)が有るからそこから罪は派生していると言う事をイエスは言っているのです!

②マタイ23章33節〜
へびよ、まむしの子らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか。

②は正しく原罪を作った張本人の蛇=堕落した天使=堕落した天使長ルーシェル=サタン→蛇の子=サタンの子=堕落した人類始祖アダムとエバ=サタンの血統(原罪)を持つ様に成った人間の事を言っている。

③マタイ5章27節
『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。

③も罪は堕落人間に備わっている原罪から来ている事を言っている。

④マタイ18章7節
この世は、罪の誘惑があるから、わざわいである。罪の誘惑は必ず来る。しかし、それをきたらせる人は、わざわいである。
もしあなたの片手または片足が、罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。両手、両足がそろったままで、永遠の火に投げ込まれるよりは、片手、片足になって命に入る方がよい。もしあなたの片目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。両眼がそろったままで地獄の火に投げ入れられるよりは、片目になって命に入る方がよい。

④原罪から派生した罪との闘いの厳しさをイエスは言っている。

上記の聖句はイエスは原罪の存在を当然知っているし、原罪との闘いの難しさを語っているのです。

>もし、そのような箇所があってらお知らせください。原罪がキリスト教の教義になったのは4世紀のアウグスチヌスからです<

上記以外にももっと適当な聖句が有るかもしれない。

>無原罪のアダムが堕落したり、無原罪の統一家の子供たちが堕落しますので原罪の有無はあまり意味がないのでないに等しいのです<

統一教会信者でそんな事を言う人間は珍しい!そういう事を言わざる負えない位に追い込まれていると言う事かな?

間接主管圏(神の直接主管圏に達するまでの成長期間)で無原罪のアダムとエバが堕落したから、こりゃこりゃ大変だ!と言う事で神様は蕩減復帰摂理の為の中心人物を立ててながら長〜い事蕩減復帰歴史を導きながら人類の原罪を贖罪する権能を持つメシアを地上に送る為に御苦労されて来た!

2000年前のイエスも親なる神様の願いを成就する為に堕落人間の霊肉共の救いを成し遂げる為に歩まれたが結局、サタンにやられたので霊的救いの基台だけでも作る為に十字架の道を行かれた!そして霊肉共の救いは後の再臨のメシア(3番目の神の子)に委ねられた!……その願い=霊肉共の救いを成し遂げる為に再臨主は地上に来るのです。

再臨のメシアの1番の目的は人類の原罪の清算です!…当たり前です!

勿論、もともと人類の創造主の神が遣わされた再臨主では無く、朝鮮混淫派カルトの神のメシアだから原罪清算なんて出来る筈が無いし、原罪清算の縮福マッチング結婚も最初から信者を騙し奴隷化して自分の野望を果たす事が目的であったなら、朝鮮人大詐欺師らしく十分理解出来る!
Profile

師観

Author:師観
ようこそ、師観のブログへ!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
フリーエリア
カウンター
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR